身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

病気

生きる意味は幸せを感じること、そのために病気を治す。

ネットの情報というのは、いつ消えるか判らない。以前、はてなブログで気になっているBlogがあり、1エントリーしかなかったのだが、ブックマークがわりに読者登録しておいた。それが、今、「購読中のブログ」を見たら消えていて、Googleで検索してみたら、…

単なる夏バテではなく鬱。

昨日、ものすごく疲れたと書いたが、どうも鬱のようだ。北杜夫先生は躁のときに安請け合いしてしまった講演を鬱のときにしなくならなくてはなり酒を呷って演壇に立っていたと聞くが、精神病が職業病ではないかと思える作家という人々は、鬱のとき、どう対処…

精神障害者地域生活支援センターに行った。

他の道府県は知らないが、都内では、区営の施設として、だいたい、1区内にひとつはあるようだ。大田区は2つあるという。港区の施設は「あいはーと・みなと」という。港区は条例を改正し、区の直轄する施設となり、それに伴って以前の指定管理者が降り、新…

癒しと疲れ。 & 通院の記録。➆

癒しと疲れ。 今日は通院だが東京は異常な暑さ。町でも日差しがギラギラしている。写真はバスを降りた田町駅前(三田口)。 例によってクリニックの前から見た東京タワー。今日は一眼レフに新しいレンズを付けてきたので、いつもより少しシャープ。 この直後…

図星の理由。& 四の橋夏まつり。

図星の理由。 本当は他のタイトルを付けたのだが、創価学会が、全く違う意味で、その単語を使っているというので止めた。 朝から酷い鬱で、それは、しばらくして回復したものの、横になっても、どうも疲れが取れない。昨日・今日と文章が冗長になっているの…

鬱になると落ち込むのではなく自分を否定することがある。

私の地元(東京都港区)では神社の祭禮は秋なので(新嘗祭よりは早い)夏祭りは商店街が行なう。夏祭りといいつつ盆踊りは廃っている。神社の祭禮・商店街の祭りとも、近隣が重ならいようにしていて、今日は白金商店街の四の橋祭りがある。 四の橋は古川(千…

精神病の病苦。

気が付けば更新日数が700日を超えていた。そんなことに気が付かないほど苦しんでいる。心臓の痛みはなかったものの汗をビッショリかいて恐怖感に襲われている。 昨日はマンションの飲み会に出た。私が古参の人たちのテーブルに着いたらテーブルの空気が悪く…

心臓の痛みの一因となる体験。

心臓の痛みの一因となる体験 午前9時。今朝は鬱というには酷すぎる鬱で胸が締め付けられるようだった。そして、心臓の痛みというのは、この苦しさの延長線上にあると思った。 今朝、起きたときに何を考えていたのかというと、かつては家を綺麗に保って丸の…

通院の記録。➄

昨晩は珍しく途中で目が覚めなかった。それでも、朝、目が覚めると、汗をビッショリかいている。食欲がない。そもそも、のたうち回っている間は起き上がることもできず食事が摂れない。寝たい、食べたい、そういう生理的欲求すら満たされない。 あぁ、これは…

精神病に乗っ取られた私。

午前10時、やっとの思いで這い上がって、これを書いている。滝のような汗はかかなくなったものの、ダラダラした汗をかいて未明に目が覚め、のたうち回っている。 今日は起きたら落ち込み以上の落ち込みで、その後、ものすごく暗くなった。 良いときのことを…

梯子が外された。& 通院の記録。④

今日で更新700日目。例えばTVドラマ「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」の勝村政信さんに見る「熱烈的中華飯店」の思い出とか書けばアクセスは増えるだろう。病気Blogになってから検索順位が酷いことになっているが、考えがあって、しばらく、このまま行く。 …

身体症状が辛いところに鞭打って…。

午前6時。このBlogも闘病記のようになっているが、本当に辛くて他のことができない。今日もPV最低を更新しそうだ。 昨日、前任の保健師さんが出てくるのを待って電話をした。出勤するのを一日千秋というより鬼気迫って待っていた。この人も、毎日、電話をす…

自殺しない自分を褒めたい。

昨日は死んだ方がマシというより苦しくて本気で自殺を考えた。今も苦しんで起きられずに布団の中でスマートフォンから書いている。 夜中の3時に汗をビッショリかいて目が覚めた。さながらバケツで水をかけられたようだが起きられず風邪を引いた。起きても下…

前任の担当保健師さんと他人に愛想を尽かされること。

朝の8時にこのエントリーを書いている。また汗をかいて目が覚め、押し潰されそうで何をするのも嫌だ。嫌だという生易しいものではない。やるべきものがあったら、それを放り投げるどころかボコボコにしたいと思う。そんな状態でまともな文章が書けるはずは…

通院の記録。③

番号が3なのは裏も入っているから。ネットストーカーに怯えることはなくなったので裏のエントリーもマージして公開する。 実は、このエントリーの、この部分は、起きられずに布団の中で書いている。今朝は心臓の痛みはなくなったが、やはり恐怖で軽い汗をか…

精神に支配される肉体。

昨日、落ち着いて理性で考える大人になりたいと書いたが、その翌日に、そうもいっていられない現実に直面している。今も、このエントリーを肉体と精神の苦痛に耐えながら布団の中にいてスマートフォンで書いている。 このBlogもメンヘラの日記みたいに変質し…

苦しんでいる人は偉い? (裏よりマージ)

今日は苦しみから逃れるために酒を飲みたくて仕方がなく、仕方がなくヒルナミンを服む。これを服むと恐怖に襲われて、つい先ほどまで布団に横になって目を閉じてガタガタと震えていた。しかし理由や頻度に限らず酒を飲めばアル中って、どうなんだろう。 恐怖…

ついに嘔吐までした。 (裏よりマージ)

身体症状が止まらなくて酒を呷った。表に書くと、私に病識がないから主治医の言うことが判らないのです! などとネットストーカーに書かれるので、こちらに。ショックの原因は主治医に否定されたと思っているのかもしれない。表で書いたが私は他人に嫌われる…

ショックの原因。 (裏よりマージ)

表に書いた、大したことがないのにショックを受けた原因を考えてみた。「前任の主事も巻き込まれた」・「俺は知らないよ」という言葉遣いだと思う。あと、決定打みたいなショッキングなことを言われたのに拒絶反応なのだか覚えていない。

ショックで寝込む。

ショックと寝込むということの因果関係が説明できないが、精神的負担が多くて疲れてしまったというのが正直なところだと思う。朝、起きているのが辛く、そのまま倒れ込んで寝てしまった。今、ネットで検索してみたが、見付かった情報で、それっぽいのは、こ…

通院の記録。② (裏よりマージ)

今日は通院だった。身軽に起きられた… つもりが、何か気が乗らなくて、やることが散漫。今日の通院で緊張しているのかと思い、お世話になっている前任の保健師さんに電話し、考えをまとめる。「特に変わりありません!」って言えるようになりたいですよねと…

「痛いな…。」のウラ。 (裏よりマージ)

一睡もできない。苦しくて吐き出したい。朝が来るのが、どれだけ待ち遠しかったか。朝になったら少しは気分が楽になっていたが役所が開くなり前任の保健師さんに電話。本当、1日のうちで話をする唯一の人だ。昨日は今の担当の保健師さんに電話をしたが、い…

「通院の記録。①」のウラ (裏よりマージ)

診察が終わって薬局で待っている間に前任の保健師さんに電話をした。この人は頭も良く記憶力も良く、さすが管理職になる人は違うと思う。役所に訪ねたら若い部下が「係長」と役職で呼んでいるので、尊敬されているのか敬遠されているのか。切れすぎて困ると…

通院の記録。①

精神病を抱えている人を対象にしたBlogにしたくないなぁと書いたら、このBlogの読者(以前コメントをいただいたゆきさん)に、精神病を抱えながら懸命に生きている人のための文章を書いてほしいといわれた。そういっていないのかもしれないが、私は、そう受…

死にたいくらい辛い。

かつて死ぬほど辛いときに辛いと書いたらネットストーカーに付け込まれたので書きたくない事実。 精神病の辛さというのは無気力になるとか感情がネガティブになるとだけ思っている人がいますが、本当に肉体疾患より辛いときがあります。 これもネットストー…

摩耗。

これは主治医に勧められるように静養入院した方がいいのかもしれない。3日で 買い物を3回、間違えた。 飲み物を3回、こぼした(床がベトベト)。 不意な買い物を3万円以上した。 電車の降りる駅を2回、間違えた(しかも1回は5駅)。 昨日は行きつけの…

入院を勧められる。

限界かもしれない。今朝、恐怖に近いプレッシャーとともに汗をかいて目が覚めた。私は、そういうとき、異様に臭い汗をかくのだが(もともと体臭はキツいけど)、布団の中が、まるで小便を漏らしたような臭いで充満している。 寝不足が激しく、昨日、酒を飲ん…

弱い自分。

水曜日・木曜日と銀行を回った疲れが、まだ取れない。特別なことをしたわけではないのに、なぜ、こんな疲れるのか。金曜日は、疲れて朦朧とした頭で前任の保健師さんに電話し、ひょっとして嫌われたかもと思い、再度、電話をしている。 昨日はヒルナミン(レ…

トラウマというものの存在。

読んでいないが「身体はトラウマを記録する」という本が流行りである。読んでないので、それに当たるのかどうかは判らないが、最近、どうしても書かねばという思いに駆られたり理由がないフラ付きに襲われたりするのは、実はトラウマではないかと思うように…

精神病の苦しみ。

ちょっと前にも似たエントリーをアップしたが、やっと精神的に楽なった。精神病の苦しみというのは人によって違うのだろうが、私は鬱とか、そんな感じではなく、本当、インフルエンザで40℃の熱を出しているときより苦しい。半年で総白髪になったのは書いた通…