身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

寝ることに対する恐怖と100回オジサン。

 もう何ヶ月も、朝の4時ころ、汗をビッショリかいて肩がパンパンに張って目が覚める。

 しかし、どうしても起きることができなくて、下着が替えられない。汗をかいたま横になっている。

 起きられもしなければ眠れもしない。魘されるように横になっていて、起きられるようになっているときにはボロボロ。

 

 そして私は数年前のことを思い出す。毎日、心臓が針の筵の上で転がされているような感覚で、1日、起きられないのだ。

 それを医者に訴えたら、ゴロゴロしていたための言い訳と言われた。

 夜になると眠れるとかというと、寝付いて1時間もしないうちに、その感覚で目が覚めてしまう。

 それも医者に訴えたら、夜更かししたいための言い訳と言われた。

 半年ぶりくらいに区役所に手続きをしに行ったら、担当の保健師さんにエッと言われた。神が総白髪になっていたのだ。

 それでも、医者の言うことは変わらない。恐怖でシャワーが浴びられなくても、社会人は次の日があるから億劫でもシャワーを浴びるんです。別に億劫なわけではない。

 恐怖で起きられなくて朝食も取れない、それに食パンは凍っている。そう言うと、凍った食パンもシャキシャキして乙なものですと言う。

 医者は、とことん馬鹿にしている。

 のたうち回っている人がゴロロしている人より偉いわけではないとも言われた。

 しかし、医者を変えようと思っても、実家から、「親は良い者に当って喜んでいるのに痛い処を突かれて言語道断」(ママ)という手紙が来る。

 一人暮らしをしているのに、どうして、私の生活が解るのか。1日に100回、電話をしてくる、通称100回オジサンなる人物が大きく関わっている。

 彼のことは改めて書くことにするが、実家の親には私のことを悪く言い、私には親のことを悪く言い、互いの反感を煽っていたのだ。

 100回オジサンは、1日に100回電話をして来たり、朝の5時に予告なく私の家に来ては玄関ベルを連打したりする。

 彼が、1日に20回ぐらい電話をしてきては、今、親から、買い食いをしたら、どうなるか解っているのだろうなという電話が架かってきたと言う。

 100回オジサンは、親には、私がゴロゴロしていて、1食も作らず豪華な買い食いをしてと言っていたようだ。

 実際は、私は、1日中、針が筵の上で転がされているような苦しみで食事も摂れず、1日に1回、コンビニで茶色い弁当を買っていただけだ。

 そして、親から電話があったと聞くたびに、私は恐怖になった。医者に言っても、金を出してくれる人の言葉は絶対と言う。

 私は、なんとか医者を変えて、薬を出してもらい、今がある。当時に比べれば楽になっているが、まだ苦しい日が続いている。

 

怒って沈んで立ち直って。

 書き直しています。昨日、書きましたが、マンションの管理組合長が玄関で住民の行動を観察していて、私がコンビニに買い物に出ると、射竦めて「家事もしないで買い食いしてるんだろう、ヒッヒッヒ」と下卑た笑いをして見下します。

 文字通り本当にヒッヒッヒと笑うのです。3日連続です。関係ないと言って逃げようとしても、俺は自治会長だぞと言います。パワハラを通り越して暴力です。トラウマどころの騒ぎではなく、殴らなかったのが不思議なくらいです。

 あまりにしつこいので警察に指導を頼みました。それから外に出たら、玄関の前をウロウロしているということはなくなりました。私は、ほっとしました。その安心感で気が抜けたのか、ブルーになってしまいました。酒を飲んでも変わりません。

 そして、先ほどになり少し回復して昨日のTVドラマを観ています。「コンフィデンスマンJP」に出てくる絵画修復の人って、ぜったいに「ティファニーで朝食を」出てくるユニオシ(下写真)だろう。

f:id:urigayatsu:20180424160817j:plain

 

茶色い食事。

 ここのところ、ロクなエントリーがアップできていない。それは瞬時にユーザーのアクセス数、行動フローに現れ、日単位でコンスタントに良い記事を書かなくてはならないブロガーの人は大変だなと思う。

 また、食事が作れていないしシャワーを浴びられない。私が住むマンションの自治会長は暇人で、いつもマンションの前に立って他人をジロジロ見ているのだが、私がコンビニ行くと、自炊もせずゴロゴロTVを観ているんだろうと言ってヒヒッと文字通りに下卑た笑いをする。

 家にいてゲームばかりしているのですかという人もいて死んでも死にきれないほど口惜しいし殴りたいほど腹立たしい。しかし、これは書くことで問うていくしかないのだと思う。駄目ならな駄目なりに頑張る。そこでメインカテゴリーである「身の上話」のエントリーをアップしようと思う。

 

 2年前、私は心臓が針の筵の上で転がされているような感覚を覚えていた。本当に、それしか例えようがなかった。朝から晩まで、痛みで横になっていた。エコノミークラス症候群で運ばれたことがあるが、それより辛い。

 夜になると楽になるかといえば、そんなことはなく、眠って1時間経つと痛みで目が覚めた。それを医者に訴えても、ゴロロ横になっていたいための言い訳、夜更かししたいための言い訳と言われた。

 薬も止められたので全く眠ることができなかった。布団の上で苦しんでいると訴えても、医者は、のたうち回っている人はゴロゴロしている人より辛いとは限りませんと言う。1年で総白髪になった。

 医者に助けを求められない私は、ネットに助けを求めた。といっても、そのようなわけで起きていられない。1日に30分、PCに向かうのが、やっとだった。酷いときになるとPCの起動も待てなかった。

 そのときは、ある知人が、私が親から虐待しろという電話が架かってきたと、1日に何十回も電話をしてきていた。心臓の痛みは、そのたびに激しくなったが、これを医者に訴えても、金を出す人の意見は絶対と言われた。

 私はネットの相談サイトに投稿した。ネットの人たちは暖かかった。それはゴロゴロしていたいための言い訳ではなく、親に原因があるといわれ、親から解放される方法を考えてくれた。

 通院先も、転院しろというだだけではなく、具体的な通院先まで考えてくれた。相談サイトは功名心がある人が多いから「2ちゃんねる」で相談したらいいと勧めてくれる人がいたが、私の世代は2ちゃんねるというと悪いイメージしかない。

 しかし、当然、ネットはネットで無責任どころか悪意を持っている人がいる。自称心理カウンセラーが、上記の話を、高級住宅が気に住む資産家の息子のワガママに仕立て上げて面白おかしく書いた。

 それだけならいい。どうやって手に入れたのか、私の住所氏名や顔写真まで載せ、各SNSのアカウントまでリンクを張っていた。サイトを開いたら、いきなり自分の顔写真が載っていたときの恐怖といったら!

 その自称心理カウンセラーは、同時に、プロの心理カウンセラーのいうことが聞けないのかといって私に嫌がらせのメッセージを送ってきた。Blogのコメント欄をアクセス禁止にしたらTwitterで、しかもアカウントが凍結されたら他のアカウントから送ってきた。

 その自称心理カウンセラーは、自分が私の住所氏名を突き止めたことを自慢したいようだった。私はハンドルネームを変えBlogを変えても、また、それを突き止め公開した。そいつのサイトを見ると、遠回りをしたが執拗に突き止めたと書いている。

 本当に、佐藤正午さんの小説「身の上話」、TVドラマ化した「書店員ミチルの身の上話(Blu-ray)(DVD-BOX)に出てくる竹井輝夫のような奴だ。(メディアにリンクを貼っておきました。優秀なミステリなのでTVの再放送や図書館の本でも触れてみることをオススメします。)

 そいつがプロというから臨床心理士の資格でも持っているのかと思えば、金を払えばだれでもなれる民間資格で、それも自慢気に自分のサイトに掲示してたので資格を与える団体に連絡した。

 そうしたら、確かに私どもの会員にいますとの連絡を受けた。 私は経緯を話すと、調査の上、折り返し、ご連絡しますとのことだったが、一向に連絡が来なかった。半年たって連絡が来、調査に協力しないので時効を設けて、そのあとに除籍にしましたとのこと。

 そいつはBlogをJUGEMで運用していたのだが、JUGEMを運営するGMOペパボに連絡しても、紛争はコメント欄で連絡して当事者間で解決してくれとの返事。無責任だなと思う。

 そいつは、悔しかったら自分もやればいいと書いていたので、自分のはてなブログに投稿したら、自分は、しっかり、はてなに連絡して、私のBlogは削除された。今も、奴は、のうのうとBlogを続けいる。

  そいつがカウンセラー団体を除籍になり、私は、無事、医者を変えた。当時は、本当に、1日に1回、住居と同じマンションにあるコンビニで弁当を買って食べるのが、やっとだった。

 

 遊んでいるのが事実なら仕方がないとしても、今、私は、自分では勉強など地道な活動をしているつもりだ。ゴロゴロしているのだろうとかゲームばかりしているんだろうという人がいると、すごく口惜しい。

 茶色い食事に辟易しながら食べているのに、心無い言葉を浴びせられると、床にたたきつけたい衝動に駆られる。誰も、こんなものは好きで食べるんじゃない。本当、死んでも死にきれないほど口惜しい。そして、また、一段とペンを持つ手に力が入るのだ。

 

人ひとり生きるのって大変。

 調子が悪いと英語が言葉として入ってこない。

 昨日、フィリピンに住むFacebookの友達からMessengerでメッセージを貰ったのだが、何を言っているのか判らず、適当に返していたら、大丈夫か、電話をするぞと言われた。今日になって読み返していたら、もう、誤解どころの話ではなく、これは、訳が判らないと言われるわけだ。

 今日も、はっきりいって辛い。私が、これだけ辛いってことは、全世界で70億の辛さがあることになる。生きていくのって大変。

いっけな~い。

 すっかりBlog記事を書くのを忘れていました。といっても普段からロクなこと書いていませんが(笑)。

 今日のエントリーは、どうしようかな…。今日、観たTVドラマについて。いつも、TVerで観ているのだけど、これ。

www.tbs.co.jp

 

 まず、玉木宏さんが成長していて、玉木さんだと判らなかった(苦笑)。記憶の中では「のだめカンタービレ」で止まっています。

 山本文緒さんによる原作の評判が良いので、機会があったら入手して、感想文か書評を書きたいと思います。

 しかし、着実な取材に依るって、確かに劇中でもデータ、出ていましたね。茄子田綾子みたいなのいたら不気味ですが。

駄目なら駄目なりに。

 昨日は、なんか、自分が色んな人に騙されて遊ばれているような気分になり、気落ちしました。        

 今日は、私を弄んでいる人に敵わなくても、駄目なら駄目なりに頑張ろうと思いました。

疑い始めればキリがない。

 昨日の「コンフィデンスマンJP」 ではないですが、例えば彼女のSNSの裏アカウントを見付けたりして、ましてや表と別の顔だったりしたら、どこまで疑いますか?

 別に彼女の裏アカウントといのは例えですけど、ある知人の裏の顔を見てしまい、ちょっとショックを受けています。明日には取り直して… いるといいな。