身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

時が流れることタイムラプスのごとし。

 まだICキャッシュカードにしていない銀行のキャッシュカードが1枚あり、それを切り替えに銀行に行ったら2時間も掛かった。待ち時間が2時間ではなく、受付から処理が終わるまで2時間かかった。

 都市銀行地方銀行も、信用金庫でさえ、キャッシュカードの切り替えで、こんなに時間がかかった銀行は他にない。ちなみに都市銀行だけどメガバンクでないところである。昔はヤフオク! の落札者の便宜のために色々な銀行に口座を開いたが、これは解約かな。

 今日は私は仕事がなくて(そもそも無職なので金に直結している仕事はゼロなのだが)気長に構えていたのだが、何もしていないのに、あれをしなくては、これをしなくてはと考えていて、しかし何もできなかった2時間だった。死ぬときに人生が走馬灯のように見えるというが、濃度が薄くて、やったことだけを挙げると一瞬のような時間だった。

 まるで走馬灯のように… そんなことを考えながらタイムラプス映像を作成していた。昨日、撮った動画を、1秒30コマに切り出し、それを1秒180コマで再生する映像を作った。初めてのことなので、何コマにしていいのか判らず、とりあえず、(おそらくNTSCだろうから)1フレーム1コマ、6倍速という感じで設定した。適切な値なのかどうか、まだ判らない。

 

元映像(音が出ます)


2019年09月19日・常磐線松戸駅・金町駅間

 

タイムラプス映像(音は出ません)


2019年09月19日・常磐線松戸駅・金町駅間 Time Lapse

 

 "Lapse It"というアプリを使ったのだが、切り出したコマのJPEG画像が作られ、それを再びMP4映像に変換する。3分20秒の映像だが、使い方が判らないとはいえ、銀行にいる時間、まるまる掛った。特に画像の切り出しに時間が掛かった。あまりの処理の長さに不安になり、1回、処理を中断してしまった。

 しかし、25秒の映像を作るのに、元映像が3分20秒で作成に何時間も掛かったと思うと、時間の密度というものが判らなくなる。しかも、できた映像を見ると、向かってくる10両編成の電車が潰されたように短く見える。銀行での待ち時間2時間、密度が低い時間を過ごしたなと思ったのだが、スマートフォンにとっては密度が濃い時間だったのかもしれない。

 

おまけ・毎日とっている渋谷の映像もタイムラプスにしてみた。(音は出ません)


2019年09月20日・渋谷ハチ公前スクランブル交差点 Time Lapse

 

元映像は、こちら。(音が出ます)


2019年09月20日・渋谷ハチ公前スクランブル交差点

帰宅。

f:id:urigayatsu:20190919200155j:plain


 通院がてら実家から帰ってきた。スローライフなどという言葉は死語に近くなっているが、帰ってきて事務処理などをしていると、実家の生活は、のんびりしていて、いいなぁと思う。

 Suicaで乗車時のJRE POINT加算が始まるので(画期的だと大騒ぎしている新聞があったが私鉄は前からあるよね)母のSuicaを記名式にしたが、私のアカウントに加算することができないことが判り、実家にはスマートフォン程度しかネット環境がないので自宅に帰ってきてから母のアカウントを作った。

 OA機器というものがないだけで、こんなに時間が経つのが遅くなるとは。自宅にいるときは観ないTVを観る時間もできた。散歩に行って、お菓子を買ってきて、食べ比べたり。

f:id:urigayatsu:20190919200112j:plain

f:id:urigayatsu:20190919200122j:plain

f:id:urigayatsu:20190919200144j:plain

 

 そして、大旅行が終わる。いや、松戸は東京に隣接してるとかスカイツリーが見えるとか、そういうことは別で、私にとっては大旅行でした。以上!

f:id:urigayatsu:20190919200201j:plain

 

松戸市小金原。

 まだ松戸市小金原の実家にいる。盛り上がりに欠けるものの、今年は小金原の町制施行50周年だそうだ。我が家は区画整理事業とともに引っ越してきて、1歳だった私も47歳だから、そんなものかという感じがする。マツモトキヨシ創業者で松戸市長だった松本清の肝入りで作られた町だが、そのマツモトキヨシが新松戸に移転したのは裏切りかと思う(笑)。
f:id:urigayatsu:20190917141911j:plain

 しかし民間(たしか三菱)主導の新松戸の発展は予想しなかった。私が子供のころの武蔵野線は高架に大きく「東京外環状線」と書かれていた貨物線で、武蔵野線になっても最初のころは1編成の中で色とりどりの車両が混ざっているという状態だった。
 さて、小金原だが、これも今は実家にてスマートフォンで書いているので同じ端末で調べ事をするのは面倒だからしないが、小学校で習った郷土史の記憶だと、たしか小金原の開拓事業の名前は「北小金土地区画整理事業」という。
 もともと水戸街道(現在の国道6号線)の宿場町として栄えた小金という町があり、文字通り水戸藩(徳永家)と江戸を結ぶ交通の要所であって、本陣なども置かれ賑わったらしい。今も「小金下町」というバス停があるから、きっと本町とか南町とか色々とあったのだろう。中核となる東漸寺は名刹である。
 明治に入って、水運の衰退を危惧した流山が鉄道建設に反対したために松戸に常磐線が通り、小金の北側に北小金という駅ができた。小金原は、その東側に面している原っぱだったそうだ。水戸藩のお狩り場で、小金牧と呼ばれていたらしい。「殿内」という名前のバス停があるが、お狩り場の殿中という意味らしい。
 というのが、私が小学校で習った大まかなところ。これだけスラスラと出てくるということは、私も、それなりに郷土愛があったのだなと思う。小金原は昭和の終わりに高級住宅地として少~し有名になり、バブルのころの土地の値段は現在の3倍もした。
 それが、数十年、不在にしていたら過疎である。考えてみたら私の同級生も、皆、東京に出戻っているので、当然といえば当然である。私の同級生いわく、荒川を渡ると遠くに来たなという感じがするそうだ。
f:id:urigayatsu:20190917141840j:plain

 小金原の中央は「小金原中央商店街」という商店街で、商店街といっても道を挟んで両側に店があるのではなく、市場の小売り店版といった感じだ。公園に隣接し、電鉄系のスーパーマーケットだけでなく市役所の支所や図書館・郵便局・交番・病院も同じ場所にある。そして、土地は市有地になっている。
f:id:urigayatsu:20181126183506j:plain

 これも、地下鉄半蔵門線の延伸が松戸まで決まっていたので、そこから先を誘致して、ここに駅を作る予定だったらしい。たしかに、駅の上に高層ビルを建てるには、ちょうど良い広さである。しかし、当時の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)は、押上まで開通した時点で全線開通とアナウンスしたそうだ。
 そもそも地下鉄千代田線からの直通電車しか止まらない常磐線各駅停車も2本に1本しか乗り入れてこないので、それが全て直通で入ってこない程度の需要しかないと思えば当然である。でもね、私が学生のころは乗車率は250%まで行ったの。
 久しぶりに散歩に行ったら、まだ高級住宅街然とした街並みがあって、捨てたものではないと思う。その先に千駄堀(千駄ヶ谷ではない)・八ヶ崎という少し広大な土地があるのだが、千駄堀には武蔵野線の駅ができ、八ヶ崎は食品市場の跡が国内で2番目の住友テラスモールという商業施設になるそうだ。はたして三井アウトレットモールを抜くことができるのか。この辺の発展は、まだまだ面白くなりそうだ。

一理ある。

 まだ実家にいる。写真を撮ったのだがアップする環境にない。私は普段、家ではTVを観ないのだが、母と辺境に住む人をフィーチャーした番組を観ていて、昨日は各地で仙人と呼ばれる人々の特集だった。
 そのなかでも沖縄の人(名前や内容が調べられない)は凄いなと思った。沖縄の人はテーゲーなどと呼ばれ、実際、私も沖縄の取材などで参ったことがあるが、辛抱強い人が多いのも、また沖縄人だ。
 印刷物(金のこと、アメリカ経験が長いとのことで、おそらく"Printed Matter"の訳)に振り回されるのは嫌だと、実感として言っていることが凄い。言葉の端々から、酸いも甘いも経験したことが滲み出ている。達観しているというのか。

 さて、他方、母が急に変な話を始めた。あらかじめ、こういうことを他人に言うと痴呆だと思われるから言わないんだけど… と言う。最近、昔、飼っていた小鳥の鳴き声が聞こえると言う。
 本人も、これは幻聴かと思って掛かり付けの医者(専門は外科)に訴えたそうだ。医者には、世の中には科学で解明されていないこともありますからと言われたそうである。
 それで小鳥の鳴き声が聞こえるのは超常現象ではないと思うのは困ってしまうが、確かに、これは幻聴ではない、すなわち統合失調症の類ではないということを言いたいのであれば、理に敵っているといえよう。しかし、だったら、その錯覚? も否定してくれよとは思うが。

TVドラマ「ノーサイド・ゲーム」が終わった。

 今日は実家に行かなければならないので、例によって、アップする、かなり前に書いている。

 さて、掲題、TBSのTVドラマ「ノーサイド・ゲーム」が終わった。私は1シーズンに2本を目安に連続TVドラマを観ることにしているが、今シーズンは観るものに困り、慌てて第1話をネット配信で観て第2話から観始めた。

www.tbs.co.jp

 

 「あなたの番です」は原案が秋元康氏ということで「着信アリ」のようなテンポの良いものを期待していたのだが、初回で躓いた。しかし、初回が面白くなくてもトータルで良い物というのがあり、例えば「カルテット」などがそうだが、「あなたの番です」も、友人に面白かったのにと言われた。

 「ノーサイド・ゲーム」に戻ると、上のサイトにある大泉洋さんの放送前コメントに「全幅の信頼を寄せる福澤組」いうくだりがあり、その福澤克雄という人について調べてみたら、幼稚舎から慶應という環境にあったせいかラグビーに熱心に取り組み、かなりの戦績を上げた人らしい。

 また池井戸潤原作のTVドラマを多数制作していて(残念ながら私は「半沢直樹」を観ていいないが)脚本も手慣れたものである。ストーリーは荒唐無稽であったが「小さな巨人」と迫力があるカメラワークが似ているなと思ったら、やはり同氏の作品だった。「福澤組」というくらいだからカメラマンも擁しているのだろう。

 友人が、あのラグビーのプレーシーンは編集によるものではなく実際にラグビー経験者が動いていると感心していたが、出演者のみならず監督までがラグビー経験者だったとは。あるいは、そのためにラグビー関係者を動かせたのかもしれない。 

 親会社トキワ自動車とラグビーアストロズを車輪の両軸のようにして描かれる原作を、ぜひ読んでみたいと思った。実はTVドラマが先で原作を読みたいと思ったのは初めてだ。ただ、残念なのは、両軸の結末を最終話に2つ、詰め込んだことだ。最終話の密度は、ちょっと濃過ぎた感じがする。

やっぱり判らないときは考える。

 昨晩は眠剤を服んでから、映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を観た。冒頭の吉田羊さんの手加減しない演技はショッキングではあるが、なんか白々しい。綺麗事という言葉に近い作為を感じた。

 頭でっかちな作品! と思い、このBlogのエントリーのタイトルは、それも意識して付けたのだが、この映画については、またの機会に譲る。なんせ眠剤を服んだ頭で観ていたので、もう1回、観ます。

 

 夜更かししたせいか判らないが、今朝は眠剤が残っていて、なかなか起きられない。無理して起きて浜松町へ。

 MGCと呼ばれるマラソン大会の影響でバスが止まっている。しかし、この名前「丸の内ガールズコレクション」とかの略かと思った。たしかに正式名称は長いものな。

 バスで出掛けたのだが、運転が再開するのを待ち、さらにバスロケーションシステムの情報を見て、6分待ち、4つ前の停留所にいることを確認して家を出た。

 バス停は寓居の200m先なのだが、バス停の前の交差点で信号待ちをしていたらバスが通過していった。結果、次のバスまで20分待ち。なんで…。

 浜松町は鎮守・芝大神宮の祭禮。かくいう寓居も鎮守・白金氷川神社の祭禮なのだが、江戸三大祭りくらいなら見てもいいと思うがが、あまり祭りは好きではない。

 古川橋を挟む昔の地名でいう浜松町四丁目・湊町と金杉川口町は船宿の町だけあって、山車が違う。関係ないけど芝大神宮は行ったことはないが、白金氷川神社の社殿は、氏子に八芳園があるので、木造の、なかなかいい日本建築だ。

f:id:urigayatsu:20190915171427j:plain

 

 祭禮ともマラソンとも関係なくモノレールは動いている。最近、は浜松町駅から遠くの場所でも外国人を目にするのだが、安宿でもあるのだろうか。

f:id:urigayatsu:20190915171401j:plain

 

 さて、浜松町では例によって精神障害者地域活動支援センターに寄ったのだが、ほとんど新聞を読みに行ったようなものである。あと、日曜日は近所のスーパーで賞味期限ちかくの割引のパンが残っている。

 日曜日の新聞はニュース記事以外が面白い。読売新聞なのだが、英語学習の記事があって、英字版の記事に軽い解説と和訳が載っているコーナーがあった。

 専門学校時代、講師に、NHKの英語ニュースを見ると勉強になると言われて、たしかに日本のニュースを英語でというのは有意義だと思う。

 安直な例えで申し訳ないのだが、"Non-tariff Trade Barrier"という言葉があったら、「non=非」「tariff=関税」「trade=貿易」「barrier=障壁」で「非関税貿易障壁」だなと良い意味で訳が透けて原語が判る。

 読売新聞の英語学習記事は消費税率アップのニュースを取り上げていた。税率の引き上げに"increase"や"raise"ではなく"hike"を使っていたのが意外だった(実は"hike"に引き上げという意味があるとは知らなかった)が、透けた訳や前後から推測して、単語は、だいたい判る。

 それでも読めない文章があってショックだった。ペンを持ち出して構文を考えてしまった。「the 比較級, the 比較級」と「関係代名詞の非限定用法」が1文の中で出てきてカンマが沢山ある。

 やっぱり、言葉というのは理解できないときは考えるものです。

 以前、日本語を勉強している外国人に、5つある活用形をすべて覚えなければ駄目? と訊かれたが、それが先生の方針なら覚えておいた方がいいと思う。

 私だって現代文は普通に読むけど、古文を読むときは、たまに助動詞を意識する。というか、古文は助動詞で決まるのではないかとさえ思う。

 日本人が日本語を読むときに文法の知識を使うくらいだから、外国語の知識はやはり必要だなと、ことあるごとに実感する。

 しかし、実感できないで覚えろというのは、けっこう苦痛だ。しつこいぐらいに書いているが、私の高校時代の英語の偏差値は30だった。

 英語は活用形が3つしかなくてもそうなのだから、まぁ、日本語の活用形をすべて覚えなければ駄目? という人の気持ちも判る。

 感覚で理解できないときは考えるしかないのだが、考えるときは、やはり知識というのは必要で、それこそが言語学習なのだなと思った今日だった。

 

参考・NHKワールド JAPAN

www3.nhk.or.jp

小物特集。第14回「"EWIN"のBluetoothミニキーボード」

 今日、届いたばかりなので、まだ詳しいことは書けないが、Bluetoothキーボードを買った。これだ。

 

 色々と書いたのだけど単なる能書き垂れになったので消した(笑)。「アサヒカメラ」最新号で写真家の大西正さんが使っている小さなキーボードが使いやすいなぁと思って、Bluetoothのバージョンが3.0というのがウーンと思ったのだが購入した次第。

 まず驚いたのはパッケージ。思い込みなのかもしれないが、中国のメーカーというと、ある意味、実質本位というか、外装は粗末なものが多いという気がするのだが、きちんと店頭でディスプレーできるパッケージになっていた。

 外から保証書まで確認できるようになっているのだが、いざ開けてみると、中の台紙に折り目が付いていて、やっぱり中国製品だなぁと思う。しかし、日本語の取説は付いているし、製品の作りはしっかりしている。フォントが怪しいということもない。

 Windows PCとAndroidスマートフォンで試したのだが、ペアリングも難なくできた。認識も一発。キーのスイッチの接触も問題はないようだし、タッチパッドも予想以上に反応が良い。期待以上だったのは、右下の十字キーの使いやすさ。

 来たばかりなので、試していないものもある。充電と付属のBluetoothレシーバーだ。ポメラみたいに乾電池で動いてくれよと思うのだが、厚みを考えると仕方がないだろう。仕様によると2時間でフル充電でき、スタンバイ状態で20日間もつという。ちなみに買ってから1回も(いちばん最初も)充電していないのだが、1時間、放っておいても放電しきっていない。

 Bluetoothレシーバーについては、このキーボードにはBlutoothモデルの他に通常の無線接続のモデルがあり、そのレシーバーのためのスペースを流用したものと思える。持っているデバイスは全てBluetoothレシーバーが付いているので、単にオマケが付いてきた感じだ。

 使っているPCのキーボード(おそらくフルサイズない)のキーボードの上に置くと、このサイズなので(キーの配置も斜めになっていないし)文字を入力するのは、結構キツそうだ。結局、メディア再生時のリモコン代わりという、メーカーが想定した使い方になりそうだが、まぁ、値段もちょっと高いTVのリモコン程度だから、それでもいいかなと思う。

f:id:urigayatsu:20190914180840j:plain

 

 これで、文字をキチンと打ちたいと思ってポメラを買い足したりしたら本末転倒だが、カメラなども、やはり軽いと持ち歩かないので、軽いのは正義ということにしておこう。

 

P.S. 会社概要サポートサイトを見ると、日本の代理店は中国人の女性が1人で切り盛りしているようだ。本国へフィードバックも送っている様子。凄いなぁ。

通院の記録。⑩

 忙しくて忘れていたが昨日は通院だった。クリニックは慶應義塾東門の目の前にあり、その前の路上からは東京タワーが麓(?)まで望める。

f:id:urigayatsu:20190912191546j:plain

 

 話すことは予め3つに絞ってあった。相変わらず5時間しか眠れないこと。私がクズ医者と呼ぶ前任の主治医に不眠を訴えたら、夜更かししたいための言い訳だと眠れないことさえ責められたことを思い出し、魘されて汗をビッショリかいて目が覚めること。風邪が治らなないこと。

 主治医は端的に、眠れないことについてはヒルナミンを増やしてみるくらいしかないかなと言い、クズ医者のことについては笑っていて、風邪については総合感冒薬から抗生物質と解熱鎮痛剤に変更になった。

 はい、これにて診察終了… と思ったら、主治医が、そうそう、この前、自分が司会をした講演会に、私と主治医とで、あの大学はいい先生がいないねぇと言っている大学から(ちなみに私は文学部を見て、主治医は医学部を見て)ちゃんとした先生が来たよと言っていた。

 講演会と言ったら、私も講演会に出ましたよと、この前アップしたエントリーそのままのことを言った。EEという言葉を初めて知ったと言ったら瓜ヶ谷さんの家庭はEE高いものなと笑い、医者が患者を入院させなかった話を聞いて医者はこういうことを考えて治療に臨むんだなと思ったと言ったら、ゴールをどこに置くかということですと言う。

 

 

おまけ

 予約しておいたパジェロのミニカー(右)が届いた。「ディスプレイ用モデル」と書いてあったので、海外製品みたいに、こんな感じでディスプレイボックスに入って届くのかと思ったら紙の箱でガッカリ。

 左は、同ブランド(トミカ)のNHK土産だが、これは縮尺が同じなのか。パジェロが小さく見えるぞ。土産物は緩衝材もなく箱詰めされて、すなわち子供の玩具として作られたものだと思うが、ちゃんと扉が開く。

f:id:urigayatsu:20190913185227j:plain

 

カミさんの悪口。

 予め書いておくと村松友視先生の同名の著作やTVドラマとは全く関係がない。この言葉を思い出した出来事があっただけだ。

 精神障害者地域生活支援センターの食事会に行ってきた。「精神障害者地域生活支援センター」という長い名前は何とかならないのかねと思ったら、関係者は「地活」と呼んでいるそうだ。しかし“婚活”ではないが、施設ではなく活動の名前みたいだ。

f:id:urigayatsu:20190912191611j:plain

 

 ボランティアさんが食事を作るのだが、相手にやらせていることからして私としては引け目を感じてしまう。何か手伝わなけばならないと思うが、私が入ると、むしろ足手まといになると考えたりする。そこに、いけしゃあしゃあとスマートフォンでゲームをしている女性利用者が1人。

 私は居たたまれなくなって施設から外に出て友人に思いの丈をLINEしていたのだが、今日の利用者は私を含めて3人しかおらず、1人は障害が重い人だったので、その女性は、せっせと働くボランティアさんを前に、実質1人で堂々とゲームをしていたわけだ。

 私は気を遣ってしまって、しょうじき食べ物の味が理解できなくなっていたのだが、その女性は、マイペースで食事。その人から差し入れがあったと紹介があったのだが、処分に困った余りものを持ってきたと、これまた平然と言う。おそらく謙遜ではない。量も数人いるのに1人分だし。追記すると食事会に来る理由を食費が浮くし食事を作らなくて済むからと言っている。

 これだけ面の皮が厚いと逆に清々しい。就職試験の面接で上がってしまう人は多いと思うが、私は、採用する側になっても恐縮する学生を前に恐縮してしまうという採用担当者だった。何人も面接すると、面接を受ける人と同程度のストレスを、その人数分、感じて、もうボロボロでした。

 そして、その女性は、では、私、家事があるので帰りますと、食べるものだけ食べたら帰ってしまった。私は、贖罪の意識ではないが、作るときに何も手伝えなかった自分が役に立てる良い機会だと思ったので、片付けはして帰ってきた。

 ここで思い出すのは、複数の人から聞いた、彼女の夫の言葉だ。ウチの妻は家のこともしないで飲み歩いてばかりいると機会があるたびに言っているという。過去、何回か書いた、障害を怠けたり優遇を強要する口実に使う人間というのは、実は彼女のことだ。

 夫の言い分としては、当然、障害を理由に家事を放棄したり散財されるのは溜まったものではないということもあるだろうが、同時に、外部には家事をやっていると吹聴しているのに実際はやっていませんということもあるだろう。

 もし、純粋に、彼女の夫が、これは精神障害者としては当然のことで、それを理解できない自分が変なのではないかと疑問を呈したとしたら、同じ精神障害者として危機感を覚えざるを得ない。障害を舐めるな、配偶者を舐めるな。以前、「お前は障害を言い訳にしていたのか?」というエントリーをアップしたが、純粋に、生理的に、そういう人には嫌悪を覚える。

 

P.S. お口直しに。ザッと撮った写真で申し訳ないが金杉橋の屋形船着き場の光景。奥は山手線と東海道新幹線

f:id:urigayatsu:20190912191623j:plain

撮影データ
日時:2019年9月12日・18時20分
ボディ:PENTAX K-50
レンズ:smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL WR の55mm端
絞り:f5.6 (開放)
SS:1/40s (Auto)
感度:ISO 3200 (Auto)
プログラムAE -2/3EV)

まずは自分から。

 ネタ帳というものがあるが、私も、気に留まった言葉などはメモをしている。スマートフォンを使った便利な方法はないかと思ったが、LINEでメンバーが自分だけのグループを作り、そこに投稿するという形に落ち着いた。時間も自動的に記録されるのが便利だ。(トリビアWindowsのテキストファイルの冒頭に".LOG"と記しておくとメモ帳で開いたとき文中に開いた時間が記入される。)

 そのネタ帳を整理していたのだが、昨日の読売新聞のインタビュー記事についてのメモがあった。私は新聞を取っておらず外出先で読んでいるのでスクラップできない。なので何の欄にあったのか判らないのだが、日本語検定委員会理事長の梶田叡一という人と松任谷由実さんが日本語について話している記事だった。

 その梶田という人が妙なところで「センシティブ」という言葉を使っていたのだ。しかし、この言葉が、今ひとつ、ピンと来ない。文脈から英語の"sensitive"というニュアンスは受け取れず、なぜ日本語の「敏感に」ではなく「センシティブ」という言葉を使うのか判らない。

 この人は同インタビュー中で「ヤバい」という言葉を盛大に非難しているのだが、そのまま、熨斗を付けて返したいよな… と思った。人の振り見て我が振り直せという言葉があるが、他人を非難しておいて自分が同じことをしている自覚がないのは恥ずかしいなと思った次第だ。自戒の意味を込めてメモしておいたのだと思う。