身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

Held by Emotions.

 自分の感情に振り回されている。昨日、感情的になって変な電話をしたなと、今朝、改めて電話をした。架けた相手が不在で架け直したのだが、架け直したときには、その前の、今朝の電話でさえ変だったと思う。また、寝る前と起きた時では気持ちが全く違うことがあり疲れる。前の日に昂っていた気持ちが落ち込んでいたり、その逆もある。

 今朝も滝のような汗をかいて午前3時に目が覚めた。しかし今日は定期検診。ボロボロに疲れているが起きないわけにいかない。検査は単純に終わって、あぁ、普通だなと思った。帰りに不在者投票も済ませてきた。以前は定期検診も受けられず選挙も棄権ばかりだったので(!)少しは体調が良くなっているのだろうかと思う。

 しかし、家に帰ったらクラッとして倒れ込んでしまった。そういえば、ここ数日、他人の目を見られない。自分の目が座っているのが判る。ハイレゾの音源が聴けず、CDの音をモニターヘッドフォンで聴いてる。しかし、税理士報酬を立て替えているので、なんとか実家に行って貰ってこなくてはならない。母より、夕食の用意をしてあるのだが今日は来ないのかと電話。定期検診なので行けないと言ったのを忘れているようだ。最近、1人で暮らしてくれているだけでも子供孝行かなと思うことにした。

 

P.S. 聴いている曲はこれ。葛谷葉子ロマンスをもう一度」。これは小田急が宣伝のためにCMと同じ音源で作って配ったCDだが(紙のジャケットはボロボロだし)発表から5年以上、発売されなかったらしい。

f:id:urigayatsu:20190719193519j:plain

 

Amazonを見ると非売品を3万円とかで売っている。

ロマンスをもう一度

ロマンスをもう一度

 

梯子が外された。&通院の記録。④

 今日で更新700日目。例えばTVドラマ「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」の勝村政信さんに見る「熱烈的中華飯店」の思い出とか書けばアクセスは増えるだろう。病気Blogになってから検索順位が酷いことになっているが、考えがあって、しばらく、このまま行く。 

 

 

 午前7時。今日は4時間眠れて、疲れというのはない。ただ、やはり発汗が凄く、掛布団の芯まで濡れている。汗が噴き出しているが、今日は通院なので、それでもシャワーを浴びる。しかし汗が噴き出すのは止まらず、せっかくシャワーを浴びたのに汗だくだ。

 昨日、役所が開くのを待って前任の保健師さんに電話をした。昨日は、このBlogでは鬼気迫ってと書いたが、日記を付けるとき、自然と「待ちかねて」という表現が出てきて驚いた。この言葉は自分の語彙にない気がして辞書を引いてみた。

 昨日、前任の保健師さんは、いい加減… というオーラを出しているというようなことを書いたが、頻繁な電話が迷惑かと訊くと、迷惑ではないが、自分では持続可能なサポートができないので、やはり現在の保健師さんをメインにすべきだと言われた。相続が一段落ついた、この時期が適切かと思ったという。

 お節介なことをしてしまって申し訳ないと言われたが、父が死んでから、前任の保健師さんがいなければ生きる希望を失っていたかも知らない。その間だけでも面倒を見てくれただけで感謝だ。

 目立った成果が出ていないので書いていないが、次の保健師さんに引き継いでもらわなければいけないので、今の担当の保健師さんの耳にも入れておいた方がいいと思って相談はしているが解決しない。いつも原因は天候のせいですと言われ、以前、主治医に天候のせいだと言われたと言ったら吹き出していた。

 今週末は実家に金を取りに行かないとと言うと、何のお金ですか? と言われる。父が死んで生活はどうなるんだと頭が真っ暗になったとき、松戸の人の金で生活しているのだから松戸市に行ってくださいと言われて、そのときに話してある。そこで保健所に訊いて保健師ではなくケースワーカーがいる部署を訪ねたのだが、このときも担当の保健師さんは出てきたものの、ひと言「働いたことないですよね」と言われただけだった。私が障害を負う前はサラリーマンだったことも知らないのだ。

 求める回答が出てくる以前に、私のことを把握していないで、なかなか前途多難である。

 

 

通院の記録

 今日は通院だった。朝、あまりにも苦しくてクリニックに電話をし、午前中、空きがないか訊くが、なし。私は午後いちばんの予約。早目に行って近所の公立図書館で本を読んでいようと思うが、行ったら休み。

 クリニックに行ったら診察室から笑い声が聞こえて、何だろうと思ったら産業医面談をしていたようだ。クリニックの前で背広姿の人間が数人、話し込んでいることがあり、精神障害でクビになった私としては羨ましい。

 嘔吐・下痢と異様な発汗などについて訴える。本当に前回の診察からは苦しい1週間だった。他方、怖れていたインチュニブの副作用は出なかった。今日は、あまりカルテは取っていない様子。

 処方箋と睨めっこして、とりあえずインチュニブを維持用量まで増やします、吐き気を催すかもしれないのでサインバルタを減らします、パリエット自立支援医療の適用とならないようなので負担してくださいとのこと。他も私なりに工夫しました、とのこと。

 

 今日の処方箋。

 

前回からの増減

 

 

 クリニックの近所に門前仲町「綿茶」の田町店ができて半額のドリンクを求める人で大行列。

f:id:urigayatsu:20190718200228j:plain

身体症状が辛いところに鞭打って…。

 午前6時。このBlogも闘病記のようになっているが、本当に辛くて他のことができない。今日もPV最低を更新しそうだ。

 昨日、前任の保健師さんが出てくるのを待って電話をした。出勤するのを一日千秋というより鬼気迫って待っていた。この人も、毎日、電話をするので、いい加減… という感じが見て取れるので、よほどのことがない限り電話をするのを止めようと思ったのだが、その途端に「よほどのこと」が始まってしまった。

 今朝も滝のような汗をかいて午前3時に目が覚めた。少し前に疲れ果てていて過労で自殺する気持ちが判ったと書いたが、昼、少しウトウトできたものの、寝不足が酷い。日曜日の下痢と嘔吐が止まらなかったときは心臓が針の筵の上で転がされているような感じがしたとき以来の辛さだった。

 そういうときに私は汗の臭いが強くなるのだが、さながら小便の中にいるようである。前述のように布団は汗でボロボロになり1/3は綿がなく、布団が破けて布団カバーから綿が飛び出している。しかし、汚部屋になって綺麗な布団が入っている押入れは開かないし、取り替えても同じことになる気がする。シャワーを浴びたくても汗が出続けて浴びられない。

 下痢と嘔吐が止まらないことについて主治医に電話をしたら、内科受診を勧められた。しかし、午後になると止まるので、やはり精神の方から来ているようだ。明日の受診で、よく話してこよう。その次の日は健診だし、選挙にも実家にも行かなくてはならない。

 活動する時間が取れないどころか、その間、苦しまなければならい。そして、苦しんでいるのに、マンションの他の住民に「ゲーム飽きたでしょ」とか「食事を作るのも面倒で買い食いしてるんでしょ」と言われる。

 元農水次官の息子殺害事件で、息子を殺した父親は、殺さなくては殺されていたと言ったそうだが、根拠は眉唾だし、心当たりがあることをしたか言ったのではないか。私の高校時代、父親は有(私)に殺される有に殺されると口走っていたが、私は精神病で殺すどころか動くことすらできなかった。私の父も国家公務員だったが、そういう性質の人が多いそうである。

 親に殺されるよりは全然軽いけど、住民に、そう思われることに、堪ったものではないと思う。

下痢と原因は食物繊維入り飲料?

 午前5時。スマートフォンより。また大量の発汗と鳩尾が痛いのと下痢が始まった。土曜日に始まったとき食物繊維入り飲料を飲み過ぎたのかと思って止めたのだが、一昨日、収まったので飲み始めたら、再び同じ症状に。因果関係は判らないけれど、これは心療内科ではなく内科の症状だと思う。主治医に判断を仰ぎます。

4.2㎏痩せた。

 今日も午前3時に滝のような汗をかいて目が覚めて、しかし午前6まで身体が動かない。結局午前0時から3時間しか寝ておらず、起きたらボロボロに疲れている。あまり判りたくないことだが、過労で自殺する人の心理が判った。

 7月10日から4.2㎏痩せた。嘔吐は止まっているものの、まだ水溶性の下痢が続いている。休みの間、皆に内科にかかれと急かされたけど、これは肉体的な症状ではないのだよ。内科は内科でも心療内科の領域。冷や汗もかいているし。

自殺しない自分を褒めたい。

 昨日は死んだ方がマシというより苦しくて本気で自殺を考えた。今も苦しんで起きられずに布団の中でスマートフォンから書いている。

 夜中の3時に汗をビッショリかいて目が覚めた。さながらバケツで水をかけられたようだが起きられず風邪を引いた。起きても下痢が止まらず、水溶性になっている。植物繊維入りの飲料を飲みすぎたせいだと思ったのだが、朝食は食べられず、昼食を食べようとしたら、ウッときて、そのまま夜まで吐き続けた。鳩尾と下腹部が痛い。

 体温は平熱なのだが寒気もする。Facebookで友達に医者に行くことを勧められるが、身体が原因でないことは判っている。かつて、心臓が針の筵で転がされている感じがしたとき、症状があまりに酷くて#7119に電話をしたら、そのまま救急車を呼ばれた。血圧・脈拍等が異常な値を示しているとのこと、心臓内科で、何とかという心臓病の症状だが原因が判らないと言われた。

 それも、向精神薬で収まった。先日、久しぶりに症状が出たけど。この前、書いたが私の肉体は精神に支配されている。苦しさが収まるのが午後9時、眠剤を服むのが午後10時。寝ていても苦しくて汗をビッショリかく。正常なのは1時間だけだ。

 15年以上、何もできないだけでなく、その時間も苦しんでいる。本当に死にたい。このBlogを書くことで思い留まっている気がする。読者に繋ぎ止めてもらっている。更新を止めるときは死ぬときだ。そして自殺しない自分を褒めたい。

苦しいだけの人生。

 今は下痢と嘔吐が止まらず鳩尾が痛く寒気がする。状況が変わりましたが書き直していられません。

 

 夜3時に汗をビッショリかいて目が覚めた。しかし、そのまま身体が動かず、朝、起きたら肩が凝って風邪を引いている。布団が汗でボロボロになって1/3は綿がなく、破けて飛び出している。

 そうでないときは、朝起きたら辛くて、いろいろなことに恐々としている。飯も旨くない。腹を満たすだけのために食べている。

 こんな苦しい人生、投げ出したいと思うが、昨日書いた前任の保健師さんに繋ぎとめてもらっている感じがする。彼女がいなかったら、私は死んでいただろう。

 今日はFacebookの友達が名古屋から来る。東京の人間で歓迎をしようということで集まるので、苦しいが行ってこようと思う。