身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

落ち着いて、大人になりたい。

 今日は冷静で、思考も筆力も理性的に戻った。と思ったが、今、この文章を読み直したら言葉の重複などがある。ネットストーカーに対する警告を書いたエントリーを先頭にピン止めしていたのだが1日で止めた。あまりにネットストーカーが幼稚で、恐れるのが馬鹿らしくなったからだ。

 Twitterのフォローリクエストが来て、また本名フルネームで登録しているから見張っているぞアピールだと思ったのだが、フォローリストを見て笑った。アプリ「ぷらいべったー」の公式アカウントをフォローしていて、どうも私がぷらいべったーを使って一部の人に公開しているコンテンツが、それにより見られると思ったらしい。さすがYahoo!知恵袋YouTubeの違法ダウンロード方法を訊いてしまう情報リテラシーの持ち主だ。

 あいかわらず私を襲ったYahoo!知恵袋で粘着しているらしく、過去の回答を見ると、まだ嫌がらせを書いていているようで非表示になっている。Twitterでもアカウントを凍結されては作り直してを数回。私のヲチサイト(アピールでURLを送ってくる)を見ても、読書好きだそうで文学作品について書いているのだが、小学生でも考えない幼稚なことを書いて判った気になっている。私以外にも粘着しては抗議を食らっている様子。

 考えてみれば私に粘着していたときに書いていたことも幼稚な文章だった。内容だけでなく言葉も稚拙で、その幼稚な文章を私の言葉だとして顔写真・本名・住所入りでアップし、それが、当時の私の精神状態が悪かったことから、文章を読む人と私という2つの側面で説得力を持ってしまった。

 第1の側面の、読み手が文章を受け取るときのこと。当時の私は心臓が針の筵の上で転がされているような精神状態で、実際に心疾患として救急搬送された。そのような現実がありながらも、主治医は、それをゴロゴロしたいための言い訳だと言って憚らない。私は藁にも縋る思いでYahoo!知恵袋で相談した。毎日、戦場にいるような心理状態で冷静に物事を述べられず、そのような状態で書いた文章は幼稚に見え、それが、ネットストーカーが私が書いたと嘘を付いた幼稚な文章が私のものだとすることに信憑性を持たせたのだろう。

 第2の側面の、冷静でない私が文章を受け取るときのこと。昨日ピン止めしたエントリーで書いたが、Yahoo!知恵袋で、ここには功名心で回答に答える人がいるから2ちゃんねるで訊いた方がいいといわれたのだけど、ネットストーカーは、まさにそんな奴だった。そいつは自慢なのか堂々と自分の顔写真・本名・住所を掲載し(そのデータを持って相談機関に行ったら、相談者が、そいつの顔写真を見てキモッ! と言っていた)そんなバカが自分のサイトに誘導する文章を、私は真に受けてしまった。

 私が冷静なときに書いた文章は、大人の文章とはいかないまでも、そこまで幼稚な文章ではない。そのようなことを冷静に受け取れないような精神状態だったのだ。かつてリアリティーとアクチュアリティーについてエッセーを書いて出版された私とは思えない。そういうときの自分に、ひと言、落ち着けと言ってってやりたい。

 このように頭で考えればおかしいことをするのはガキだと思う。頭で考えずに平気で差別的発言をするのも決まってガキだ。私は冷静に考えてから行動したいと思う。冷静に考えると以上のようなことになりガキにはなりたくないので、今日をもってネットストーカーを相手にするのは止めにする。

 

 最後のオマケとして、ネットストーカー60歳が作っているヲチサイトから私のことを書いている部分をアップする。これは、その精神状態が悪いときに私がYahoo!知恵袋で相談した内容だが、自分に都合がいい私を幼稚に見せるところだけ抜き出している。フォーマットも整っていないそれを「反応を分かりやすくするための編集」だと思うのは、やはりガキである。Yahoo!の知的財産を無断で自分のBlogに載せてしまう情報リテラシー、そのときから粘着している証の2014年という日付、場外乱闘というタイトル、配色やフォント(PC版画面を見てね)も含めて味わってやってほしい。

kanakana40.jugem.jp

 

魚拓

web.archive.org