身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

鬱で能力が落ちること。

 月曜日から実家にいる。昨日・一昨日のエントリーは、いわゆる「ストック記事」である。なのでコメントなどが読めず、お返事できなくて申し訳ない。
 実は、まだ起きられていない。昨日、母の買い物に付き合って、バスに乗り電車に乗り隣の駅のデパートに行った。年寄りのペースに付き合うのは、なかなか疲れる。
 しかし、他人のペースとはいえ買い物など普通にすることだ。それが翌日1日、まるまる寝込むとは。会社員時代も、今まで普通にしていた仕事が、急に疲れるようになるので、処理能力がないからではない。
 高校時代、甘ったれてるんじゃねぇと殴る蹴るされたが、親は90歳近くになって私を殴る体力はなくなったもののブツクサ言っている。Facebookの友達でも習慣だと主張する人がいる。世間は、鬱だと能力というか仕事ができるキャパシティーが小さくなるということが理解されていないようだ。