身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

厄介者。

 あえて「病気」カテゴリーに入れる。先日、友人宅にお呼ばれしたとき、そこに母から電話が架かってきた。今、友人の家に来ているから電話は改めてくれと言ったのだが、電話を切るどころか友人の家には行けるのにウチには来れないのかと始まった。

 眠剤の加減が上手くいかないので外泊は延期している。3日前の日曜日から薬が変わったのだが、一昨日・昨日と3時間しか眠れず、昼間は眠い。他方、今日は昼過ぎまで起きられなかった。

 起きられないといっても眠いのではなく、身体が動かないのだ。根性で何とかなる問題だったら、むしろ楽だ。同じマンションの住民に「ゲームばかりして飽きませんか?」とか言われるし(そもそも寓居にはゲーム機自体ない)、どいつもこいつも私を怠けているかのように言う。

 前任のクズ医者に至っては、心臓が針の筵の上で転がされている思いをして起きていられないと言うとゴロゴロしていたいための言い訳と言い、夜も心臓が針で刺されるような思いをしてウトウトもできないと言うと夜更かししたいための言い訳と言われた。

 理由を訊いても「パーソナリティ障害だから」。こういう症状があるからパーソナリティ障害、ではなく、パーソナリティ障害だから嘘を付いていると言う。通院するのも必死だったのに、死ぬ思いをして病院を変えた。今の主治医はパーソナリティ障害ではないと言うし、現に心臓が針の筵の上で転がされている思いも収まった。クズ医者は誤診に基づいて私を嘘吐き扱いし、心臓が異常な値を示して心臓内科に運ばれても鼻で笑った。

 あまりに腹が立つから、クズ医者の名前は挙げないまでも、せめて病院を挙げよう。都立広尾病院だ。その前任の神経科(精神科)部長は名医だったが、名医だからこそ松沢病院の副院長として栄転してしまった。その後に部長になった医者は医長に降格し、広尾病院神経科は、もう何年も部長不在だ。

 母のこと、ゲームが飽きませんかという人(この人も肩書だけ挙げよう、BS朝日の解説委員だ)、クズ医者、これらのことに腹が立って仕方がない。しかし、腹が立つようになったのは良かったと思う。朝、起きたときは、自分の身体が動かないことで、逆に、私の方が駄目な人間ではないのかと自分のことを責めて辛かった。

自分の持ち物が悪事のネタに使われたこと。

 あらかじめ書いておくと私には悪意はないし、その行為に加担したいと思っていない。

 事の初めは半年前。私はネットのオークションでカメラを買った。新品同様といわれたが、ちょっと、そういうのには苦しいコンディションだった。私も不承不承、使っていたが、やはり気に食わない。

 そして、先日、同じモデルの程度が良い物が同じオークションに出ていて、それを購入して気に入った。そして、その気に食わない前のカメラを同じオークションで売った。

 ちなみに、前回も今回も、買ったカメラは58,000円。40,000円は元を取りたいが30,000円スタートにした。あっという間に50人のウォッチリストに登録されたが、最終的についた値段は33,000円。さらに落ちが付き、本来は2個しか付属しないバッテリーに、他の物を1個、付けてしまった。

 問題は、ここからである。私のカメラを買った人間が、私からカメラが届いた翌日、それを、また同じオークションで「極上超美品」といって50,000円で売りに出しているのだ。バッテリーも特別に1個オマケしますみたいな感じで(1個余分だと判ってるんなら返せよ)。今、見たら買い手が付いていた。33,000円で買って何もせずに50,000円とは、とんだ錬金術だ。

archive.is

 

 正直にコンディションを書いたら安く買い叩かれる。これは、まぁ物相応の値段ということで不問に付したい。しかし、私が売った物が悪事に利用されていると思うと心が痛む。私は、このカメラを私に売った人間や転売をした人間のように、瑕疵を隠して他人を騙すようなことはできない。

 Facebookのカメラのグループで意見を募ったら、露出を飛ばして傷を隠す写真を撮ったりフィルム時代の古い焦点距離も違うレンズを付けて純正レンズキットといって売っている輩もいて、これは、まだ甘い方だとか。Facebookでも同じような意見が大量に付いたが、正直者がバカを見る、このオークションは、なんとかならないのか。

 そのための情報交換を密にしましょうということになったが、事務局も何とかしろという意見も、多数、出た。しかし、本当に大切に使ってきたであろう物を廉価で譲ってくれる人もいるので、癪だけど、そこでの売買は止められない。しかし、こういう輩が増えるに従って、オークションという形式は廃れてフリマアプリに取って代わられるだろう。

優しさは暖かい。

f:id:urigayatsu:20191111205813j:plain


 ただいま帰宅。また書き始めたのは午後8時50分過ぎになってしまった。高輪のマンションオーナーの友人宅へ。その友人は家の臭いを気にしていたが、私の実家と同じ匂いがした。これは東京の山の手の家の匂いなのかもしれない。

 帰りには上がっていたが、行きは土砂降りだった。東京は朝、雨が降っていて、それが止んだので私は傘を持たずに家を出た。着替えも追いついていなくて、コートどころかセーターも着ていない。ジャケットもサマージャケットだ。

 バス停ではバスが来ない。ダイヤより10分遅れても来ない。寒いうえに雨が降ってきた。そんな中、プアゾンを1瓶浴びたような臭いをさせる水商売風の女に割り込まれて嫌に気分になった。

 そしたら、ふと、70歳くらいの女性2人が、それぞれ、前後の人に傘を差し伸べてくれて、私は、そこに入った。私を傘に入れてくれた方でない女性は、中学生の女の子を傘に入れていた。

 最初、その女の子はバスを待ちながら一生懸命、受験勉強をしていたので、気を使わせているみたいで悪いなと思っていたのだが、積極的に私に話し掛けて来てくれて、本当に会話を楽しんでいるようだった。

 私も寒さを感じなくなり、本当に人の優しさが気持ちだけでなく気候の感じ方さえも暖かくすることがあるのだなと思った。バスは30分遅れでやってきた。

休養すべきか。

 今日は利用している精神障害者地域生活支援センターが施設点検のために休み。新宿にあるカメラのサービスステーションに行こうかと思うが、寓居の上空をヘリコプターが飛ぶ音がする。今日は天皇即位の祝賀パレードだっけ。

 熟睡したものの、手足が冷え切って、寒い。熱い風呂にでも入ればいいのだろうが、私は風呂の掃除ができないので湯船を使えなくしてしまった。それに、かじかんで、シャワーを浴びる気がしない。

 昨日、書いたように、このBlogのGoogleアナリティクスのレポートを見たのだが、そのデータに愕然とした。リピーターでさえセッション維持時間が30秒もない。リピーターのセッション維持時間は最高で6分にも及んでいたし、どんなに少なくても1分を切ったことはなかった。

 疲弊しきっているのだと思う。このBlogも、しばらく休んで、読書や外出などをして気分転換をした方がいいのだろう。判り切っているが、この精神状態では何もできない。また、気分の落ち込みも激しい。精神障害者地域生活支援センターの職員に自戒の念が強すぎると言われたが、客観的なデータを見れば見るほど、それは強くなる。

 せめて食費をケチろうと近所のドラッグストアに買い物に行ったら、こちらも施設点検で休みだった。青息吐息。

記憶の持ち。

 昨日、あんなエントリーをアップして、アクセスがガタガタだろうなと思ったら落ちていない。自信を持ってアップしたものは読まれるし、その逆もある。自信を持ってアップしたものが読まれないとガクッと来るが、逆に、昨日のようなエントリーが読まれていると薄気味が悪い。しばらくGoogleアナリティクスを見ていないので、後で見てみよう。

 最近、やっていることが滅茶苦茶だ。朦朧とした頭でネットでポチることが多い。犯罪を犯して(二重形容?)しまったとき、検事に、朦朧として、そんな高度なことができるはずがないと言われたが、今回も、海外のサイトで買い物をして英語で遣り取りしていたり複雑なことをしている。しかし、検事というのは、キミは嗜好品って言っても判らないよねぇなどと言うし、なぜ裁判官や弁護士より態度が尊大なのだ。取り調べる人間の性か。

 今日も、カメラを携えて無理をして外出をし、カメラのスイッチを入れたら電源が入らない。書いた気がするが、このカメラは買い替えたばかりの物。以前、ネットのオークションで買ったものの程度が悪く、我慢して使っていたものの愛着が持てず、同じ機種を買い直した。古いものは再びネットのオークションで売ったが、買った値段の半額しか値段が付かなかった。しかし、私にそれを売った人みたいに、欠点を伏せて売るのは嫌だ。

 結果、バッテリーが入っていなかった。かといって家にバッテリーはなく、おそらく、売ったカメラに入れたまま送ってしまったのだろう。ちなみに買主から、それに関して何の連絡もなかった。その前にカメラを売ったときは、それは私が新品で買ったものだが、こんなに丁寧に使われているカメラを譲っていただき… というお礼のEメールを貰って嬉しかった。

 この前、落とし物を交番に届けたときも、若い女性の警察官から、落とし主が見付かりました、きっと喜んで電話を架けてくると思いますよと電話が来たが架かってこなかった。ただ、その女性警察官の声は喜びに溢れていた。期待はしない。期待をしないからこそ、そういうEメールや女性警察官の声を当然だと思わずに嬉しくなる。

 そして、英語で遣り取りしていたり、他にも色々と高度な(笑)ことをしているのだが、それらのことは、翌日になると、まったく覚えていない。そういう短期的なスパンではなく、長いスパンでも色々なことを覚えていない。幼馴染と話をしても、皆が覚えている20歳前後のエピソードを何も覚えていない。私が大好きな連続物のTVドラマでも前の週のエピソードを覚えていない。一話完結の物ならいいが、「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」など、どうしようかと思ったら、前話でエピソードの前にダイジェストが挿入されていて助かった。

 本なども読んだ先から忘れる。友人に言わせると子供のときの私は読書家だったらしいのだが、読んだ本の、ほとんど何も覚えていない。今でも、この前まで、あんなに夢中になっていた鷺沢萠作品の半分以上は忘れている気がする。忘れる前に書こうと思う。幸い、日記は、もう20年以上、付けている。読み直してはいないけど。近い将来、観ているドラマの感想などを書きますね。

難産、あるいは便秘。

 何も書く気がしない。昔、モノカキとして収入を得ていた時期は、こんなことはなかったなと思う。「#住みたい街、住みたかった街」などのテーマを貰ったら水を得た魚のごとく書けていたはずだ。ぜひウチに来てくださいと出版社に頭を下げられた、あの頃のことが遠い昔のように感じられる。実際、遠い昔なのだけど。

通院の記録。⑭

 クリニックの前からは東京タワーが良く見えます。

f:id:urigayatsu:20191107175232j:plain

 

 今日は通院でした。朝、起きたらワーッとなってしまって、それが収まってから家事や諸々をしていたら通院の時間に。クリニック以外、どこも出ていない。

 訪問看護の看護師さんからも連絡してくれたようだが、昼、頓服としてヒルナミンを服むと恐怖を感じて、ぜんぜん休まらない。

 また、前回、保健師さんに主治医に話したほうが良いと言われたのだが、何か弛緩したような感じがして排尿が巧くいかない。

 で、食欲も増しているなどとを鑑みて、処方が変更になった。薬剤師さんが以前との違いを紙に書いてくれたので、それを見ると、こんな感じ。

 

 結果、現在の処方は次の通り。

 

 そして、薬局で薬を受け取ってドトールへ。シティボーイ(久々に聞いたわ)のウリガヤツさんはオシャレなカフェとか行かれるんでしょうねと言われたが、駅ビルのドトールです。

f:id:urigayatsu:20191107175241j:plain

ほぼライブ - インフィニティ・ダイヤモンドヴェールお披露目ライトアップ

f:id:urigayatsu:20191107190307j:plain

f:id:urigayatsu:20191107190300j:plain

f:id:urigayatsu:20191107190316j:plain

f:id:urigayatsu:20191107190324j:plain

f:id:urigayatsu:20191107190334j:plain

 

新しいダイヤモンドヴェールは、目まぐるしく変わります。動画とか撮れたらいいのでしょうが、マンションの廊下に三脚を立てていたらアヤシイ人だ。

 

 


撮影データ
日時:2019年11月7日・18時20~30分
ボディ:PENTAX K-3
レンズ:smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR の135mm端
絞り:f5.6 (開放)
SS:1/15s (Auto)
感度:ISO 6400

鬱と官能。

 

 このInstagram投稿から3日が経つが、やっと、きちんと読み始めた。そういいながら最初の数ページを読んだのみ。面白いと思いながら読む気力が湧かないというのは、やはり鬱なのだと思う。

 昔、掛かっていた医師に、突然、性欲はありますか? と訊かれたことがある。私は理由もなく女性を抱きたいと思ったりすることはなく、ありますか? と訊かれたところで、よく判らなかった。

 今も、その手の欲求はない。ただ、この小説の冒頭にベッドシーン? が出てくるが、それを読んだとき、少しゾクッとした。「ツナグ」でも、明らかな虚構でも事実のように感じられるし、これは辻村深月先生の描写が巧いせいだと思う。

 しかし、もし、性欲が鬱のバロメーターで、これを性欲と呼ぶのなら、私は鬱ではないのかもしれない。しかし、面白いと思う本を前にしても読む気がしない…。

10年ひと昔(映画「ハッピーフライト」を観て)。

 

 数日前、CATVで放送されていたものが録画してあり、今日、観た。2008年の公開だが、観るのは初めてだ。綾瀬はるかさん主演でタイトルが「ハッピーフライト」というので、どうせ三文コメディーだろうと思って敬遠していたのだが、単なるドタバタではなくて驚いた。最後に、企画・石原隆とあって納得(インターネット黎明期に「企画・石原隆を楽しむページ」という個人サイトがありましたね)。

 離陸前の羽田空港での飛行機の整備シーンから始まり、これはアーサー・ヘイリーの「大空港」のような壮大な飛行場ロマンが始まるのか、あるいは整備士が工具を飛行機の中に置き忘れて大事故に繋がるのかとドキドキするが、どちらでもない。そしてホッと気が緩んだところでホノルルに向かった飛行機が羽田に折り返すことになる。

 これも、前半は頼りない主人公の副操縦士が、その危機感とともに凛々しく豹変? していくところも見どころ。このエピソードは、少し私の体験と重なるところがある。私の場合は那覇から羽田に向かう飛行機で、羽田着を諦めて成田着になりそうになった。映画と同様、機長からアナウンスがあったのだが、日本語と英語がチャンポンで話していることが8割ていどしか判らず、当時は翻訳家だった西森マリーさんに解釈が正しいか訊いたことがある。

 その体験が重なるくらいだから、言っていることの半分も判らないという人がいるかもしれないし、そうなると、つまらないのかもしれない。しかし、それらの用語が飛び出すほどの緊迫した状況がありながらもハッピーエンディング。フランク・シナトラの「カム・フライ・ウィズ・ミー」が流れたときには、イエス・アイ・ドゥー! と答えたくなる。

 10年前の作品。当時のコンピューター環境の懐かしさとともに、私にとっての一番の驚きは、時任三郎さんや岸部一徳さんが若いこと。2人とも今年に入って「監察医 朝顔」と「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」という民放の連続TVドラマに出演なさっているので、それとの比較で観てしまう。綾瀬はるかさんを始めとした女優陣は、さほど今と変わりがないので、男性が老けるのが早いことに、同じ男性としてショックを受けた。