身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

小物特集。第3回「ニコンのフィルム一眼レフカメラ」

f:id:urigayatsu:20180131131155j:plain

 

 ここのところ飲み会が続き、Blogの更新や購読に時間が取れないのが心苦しい。

 

 さて、昨日、電気製品を買いにカメラ量販店に行ったら、フィルムが意外と安く売っていた。安くはないのだけど、いっときほどの高さはない。

 私はカメラが好きで、特にニコンの旧ニコマート系といわれるNikon FE2・Nikon new FM2・Nikon FA・Nikon FM3aを持っている。

 レンズは、それぞれに40~50mm前後の標準レンズを付けている。あと、広角側は20-35mmのズームと、望遠側は85mm・105mmマクロ・80-200mm持っている。

 望遠レンズが70-210mmでないのが時代を感じる。時代といえば自動巻き上げでないのでモータードライブを付けている。酔っぱらって写真を撮ったら一瞬でフィルムが消えた。

 今のカメラと違って、シャッターを押したら、すべて機械的に制御されるのが、なかなか心地よい。