身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

通院の記録。㉔

 訪問看護師が通院同行。訪問看護師は、クリニックで、主治医に、なんで付いてきたんですか? と言われ返答に困っている。

 私が後で訪問看護師に、冷たくないですか? と訊くと、逆に主張が激しい先生がいますからねと言われる。たしかに、前のクズ医者など、同行者に、あの医者は診察ではなくて説教していると言われていた。

 昼まで起きられないという話になって、起きていられる時間が前回より少なくなっているようだと、残りそうな薬(ベンザリン・インデラル)がなくなる。

 起きている時間が少なくて1日が充実しないと言うと、起きている時間を、いかに充実して過ごすかかだと言われる。充実していても、足りないものは足りない。

 帰り、新しくできた蕎麦屋に行く。たぬき蕎麦340円をを頼んだら天カスが少し入っているだけで舞茸の天婦羅150円を追加。見本写真がない店には行かない方がいいと思う。

f:id:urigayatsu:20200206183938j:plain