身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

ついに嘔吐までした。 (裏よりマージ)

 身体症状が止まらなくて酒を呷った。表に書くと、私に病識がないから主治医の言うことが判らないのです! などとネットストーカーに書かれるので、こちらに。ショックの原因は主治医に否定されたと思っているのかもしれない。表で書いたが私は他人に嫌われるのを異様なまでに怖れる。

 この前、書いたように、私が主治医を頼っているのは、主治医に阿って(おもねって)いる部分が大きい。阿る努力しているのに、それすら否定されたと思うだろう。今日、起きるなり吐いた。何も食べていないので胃液を吐いた。もうボロボロだ。

 ちなみに今までに起こった他の現象を書いてみると、私は精神バランスを崩すと異様に臭い体臭がするのだが、布団が臭く小便の中にいるようだ。胃液の嘔吐に加えて下痢。食べ物が喉を通らない。そんなところだ。

 

P.S. Facebookでシェアいただいたようで、シャアされた投稿が見えないのだけど、表もネットストーカー以外は真面目なところで引用されているので(5ちゃんねるに貼られたときは恐々としたのだが、精神科入院に関する真面目なスレだった)そうだと期待しています。Twitterでフォロイー(私にフォローされている人)限定で新しいペンネームを告知しています。表を撤退したときは、それを使うので、知りたい方はフォローをお願いします。