身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

小物特集。第9回「バッファローのホテル用ルーター」

BUFFALO バッファロー 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ホテル用 433/150Mbps ブラック 【Nintendo Switch動作確認済】 WMR-433W-BK

BUFFALO「無線LAN親機(Wi-Fiルーター)ホテル用 WMR-433W」

 

 いきなり商品写真。まさか外出先から「小物特集。」を更新するとは思わなかった。(仕上げは自宅のPCでしている。)

 

 今いる私の実家では、営業に押し切られたとかで電話とTVがフレッツ光になっている。インターネット・ルーターがあるじゃん! と思い、インターネットに接続するため、ホテル用のルーターを購入。

 これとPLANEXの「ちびファイ3」で迷ったが、価格が1,000円近く安いのと、11acで接続できるので、こちらを購入。もっと吟味して買いたいが、急用で家に帰れないので仕方がない。そして、マツモトキヨシで、電源類を確保。 f:id:urigayatsu:20181003132657j:plain

 

 マツモトキヨシではLANケーブルが売っていなかった。柏に出ればビックカメラがあるが、実家では親が高齢化して自動車を廃車にしてしまったので、実家のある松戸市小金原からはバスと電車を乗り継がなければならない。

 はい、送料が無料なので通販でLANケーブルを買いました。100円ちょっとの物を普通郵便ではなく宅配便で送って利益が出るのかと、変なところを心配してしまう。

 結論からいうと、LANケーブルを買ってもインターネットに繋げなかった。まず、スマートフォンからルーターが見えない。そこでスマートフォンでWebサイトからルーターの取扱説明書をダウンロードすると、初期設定が必要だとのこと。

 それでも今のルーターは楽だ。私が若かったころはWebから設定などできず、コマンドラインからコマンドを叩いて設定していた(ciscoのコマンドが一般的)。しかも、一定時間内に次のコマンドを叩かないとタイムアップするという、タイムトライアル的要素もある。

  ルーターの設定は無事に終了して、やった! と思ったら、プロバイダー契約がない…。私はEメールアドレスを使用しているのでSo-netの会員なのだが、公開されているサーバーはダイアルアップしかなかった。

 今でこそモバイルルーターなどを借りても当たり前にインターネットに接続できるが、そうでない時代があったことを思い出した。結局、解決策は見付からず、相変わらずスマートフォンでインターネットに接続している。

f:id:urigayatsu:20181011111237p:plain

 

 普段は自宅で作業していて外出先ではSNS投稿が主な使途なので、契約は2㎇のプラン。月の半ば前に振り切ってしまった。データ容量を購入したが、結構するのね…。さて、この更新を終えたら、再び実家に行きます。

 みんなに、それくらいは普通に通勤で通う距離だとか、私の実家は新幹線に乗らないと行けないとかいうのだが、逆をいうと、私は東京都港区と千葉県松戸市以外住んだことがないという、井の中の蛙だ。