身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

成長記。

 昨日は通院や何やらと忙しく、このBlogの内容にそぐわないエントリーをアップしてしまった。やはり私のBlogの読者の受けは芳しくない。

 昨日は午前4時まで眠れなかった。今朝も午前10時半近くまで起きられない。昨日の通院では、いちばん悪いときに比べれば軽微だという診断だった。

 昨日から、汗をビッショリかいて目が覚めるのが止まっている。クリニックの診察がゴールデンウィーク明けで再開して安心したのかもしれない。

 あと、やはりFacebookの仲間に助けられている。女性の友達に、私とのハグを思い出してといわれ、さすがに思い出しはしなかったが安心感を覚えた。

 また、ここ以上に悪あがきの投稿をしていて、鬱陶しいといわれないか戦々恐々としていたのだが、皆に応援しているといわれた。

 私の投稿を単なる愚痴と捉えていないという。私の投稿は戦っている感じがして前向きだという。

 半ば自分を鼓舞しているが、駄目なら駄目なりに頑張る。このBlogやFacebookの投稿が、駄目人間の成長期となれば本望だ。