身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

前任の担当保健師さんと他人に愛想を尽かされること。

 朝の8時にこのエントリーを書いている。また汗をかいて目が覚め、押し潰されそうで何をするのも嫌だ。嫌だという生易しいものではない。やるべきものがあったら、それを放り投げるどころかボコボコにしたいと思う。そんな状態でまともな文章が書けるはずはないのだが、今、書くべきことだと思う。

 役所が開くのを待って前任の担当保健師さんに電話をしたが多忙だとのこと。改めて電話をするが、待ちきれない気持ちだ。(午後、電話をしたが、外出して戻らないとのこと。)

 昨年、父が他界したとき、母のことで今の担当の保健師さんに相談したら、母は松戸の人なので松戸市に相談してくださいと言われた。なんか違うぞと思って管轄する港区の健康推進課地域保健係に電話をした。パニックになっている私に、実は私は前任の保健師ですと、生活の相談ということでケースワーカーのいる部署を紹介してもらった。出世して現場を離れていたのだ。そこでケースワーカー生活保護受給者にしか付けないと言われて紹介されたのが、港区生活・就労支援センターだ。

 再び今の担当の保健師さんに電話して、相続の手続きで苦しいと言うと、今度は法律相談を利用してくれと言う。あるいは、前任の保健師さんに私ですと言われたのは、このときかもしれない。

 実家に詰めていた私は、抱え切れない思いを手紙に書いて前任の保健師さんに何通も手紙を書いた。その後、電話をしたら、今の保健師さんがいる立場上、それは困ると言われた。それでも、1日に1回に限り相談に乗ってくれることになった。

 お世話になったからと、近所の港区生活・就労支援センターに行った折、挨拶に顔を出した。そうしたら、嬉しいけど、周りの人にも今の担当保健師さんに相談した上で相談に乗っていると言っている手前、困ると言われた。

 本当に、この人がいるから生きているのを投げ出さないで留まっていると思っている。しかし、最近、本当に藁にも縋る思いで毎日、電話をしてしまっている。最近、電話を切るときに、礼を言っても、以前はあった、とんでもありませんという言葉がない。疎んじられているのだろうなと思う。

 私は、付き合いが始まると、相手との距離を縮めようとするきらいがある。そして、相手に、私の問題を話したりして相手に嫌われる。主治医が考えを他人に任せると言うのは、これかもしれない。正直、この辺のことは、よく判らず、なので改善策が見付からない。

 今、私の相手をしてくれるのは、この担当保健師さんしかいない。1日に唯一、話す人となっている。いろんな人が離れていって、この人がいなくなったら孤立無援になる。なので、この人に相手にされなくなるのを異様に恐れる。

 今、朝食を買いに1階のコンビニに行ったら、マンションの他の住民に、ゲーム飽きたでしょうと言われた。は? と言ったら、こちらの思惑が判らないで、家でゲームしてるんでしょと言われた。そうしないと思うし、しないよう努力をするが、自殺や大量殺戮をして、彼は普段から家に籠ってゲームをしていたと言われたら浮かばれないなと思う。自分では真面目に生きているつもりだが、やはり理解者が1人いるだけで救われる。

通院の記録。③

 番号が3なのは裏も入っているから。ネットストーカーに怯えることはなくなったので裏のエントリーもマージして公開する。

 

 実は、このエントリーの、この部分は、起きられずに布団の中で書いている。今朝は心臓の痛みはなくなったが、やはり恐怖で軽い汗をかいていた。さほど強くないが恐怖があり気が重く、身体が動かない。自律神経が変なのか胃が変でゴロゴロいっていて落ち着かない。外に行くのが怖いが今日は通院だ。

 お世話になっている前任の保健師さんに電話をするが不在。今の担当の保健師さんに電話をするが、この人は、いつも無言で会話が沈黙になってしまう。不在で折り返し電話をすると言われても架かってくることが2日後ということもあり、港区は人口の急激な増加で職員は多忙になっているというが、仕事が追い付いていないのかもしれない。

 食欲がない。診察は午後3時からで、昼食にコンビニで食べ物を買ってきたのだが喉を通らない。美味しいものを食べたい、行きたいところに行きたいというのは生きる楽しみの大きな部分を占めると思うのだが、何を食べても美味しく感じないし、行きたいところも欲しい物もない。行きたくても行けない。

✄------------ 切り取り線 ------------✄

 

通院中

 

✄------------ 切り取り線 ------------✄

 冷静さを欠いていて、東京は降水確率70%だというのにカーッとなって傘を持って出なかった。そして診察。先生には先週末からの経過を報告。昨日は久しぶりに胸が痛くなりファクシミリを投げちゃいましたと言ったらファクシミリを読んでいた。

 それについては特に何も言われず「インチュニブを試します」と言われた。目的としては俯瞰的に物事が見られるようにするためです、と。主治医は父も発達障害ではないかと推測し、私の障害も精神障害というより発達障害ADHDに近いのではないかと言う。ADHDの薬というのは以前も何か試したのだが、ただ怠さだけがあって症状は改善しなかった。

 私は薬の一包化を頼んでいるのだが、薬剤師は、その薬も一包化に入れていいのかどうか先生に確認しました、とのこと。あと、初めて服む方には注意書きがありますと。(スキャナーが汚れていて済みません。)

f:id:urigayatsu:20190711185329j:plain

f:id:urigayatsu:20190711185322j:plain

 

 眠気が出ますという薬は必ず眠気が出るので、ちょっと怖い。実は、今、PL(風邪の総合感冒薬)を服んでいるが、それでもクラクラする。しかも、飲み始めるのは実家に行くときからだ。しかもしかも、月曜日は休日ではないか。

 通院で疲れたのか何か、何をするのも嫌になった。落ち込むというのとも違うんだよな…。自分が嫌で、じれったくなる。そして、どうして、その何もできない人間が自分なのかと思う。この薬で、気分の浮き沈みが穏やかになり冷静に対応できるようになればいいのだが。

精神に支配される肉体。

 昨日、落ち着いて理性で考える大人になりたいと書いたが、その翌日に、そうもいっていられない現実に直面している。今も、このエントリーを肉体と精神の苦痛に耐えながら布団の中にいてスマートフォンで書いている。 

 このBlogもメンヘラの日記みたいに変質してきたら読者が減った。しかし、今の自分にはそれしか書けないし、それが書くべきことのような気がする。昨日のように理路整然とした文章が書けるときは、そういうものを書く。つまり、そのときに書けるものを書くのが、やるべきことのように思える。

 

 毎日、午前2時3時に汗をビッショリかいて目が覚めるのだが、今日は午前6時まで眠れた。しかし、目が覚めたら、やはり布団が汗で水浸しになっている。精神状態が悪くなると体臭が強くなるのだが、さながら小便の中で寝ているようだ。

 そして、比喩ではなく胸が痛い。死にたい気持ちに左右される。もう悪いことしか考えられない。今、寝ている布団も、汗に浸されて真ん中は下まで貫通した綿の塊になっている。そして、ちょっと買ったものを思い出したら、80万円の物も有効に使えていない。トータルで数百万円を無駄にしている気がする。また、国際電話のオペレーターをしていたときに60㎏だった体重が120㎏に倍増したが、その後20㎏落とした。それが今年に入って10㎏戻している。

 会社勤めもできなくなって、自分の未来は悪い方にばかり行くように思える。そう考えると、なおさら胸が痛む。

 救急車で運ばれ担当の保健師さんも数ヶ月で総白髪になったと素っ頓狂な声を上げたのに、何度も書いているが前の主治医はそれを言い訳と言った。医者を替えて、その感覚がなくなり、胸が痛むのは久しぶりのことだ。今後、悪い方に行かないように願うのみだ。

 闘病記として、そのような記録も読んでいただきたく、このようなエントリーも書いてアップする。

 

P.S. 今まではてなブックマークでコメントをいただいても判らなかったので記事下に表示させるようにしました。

落ち着いて、大人になりたい。

 今日は冷静で、思考も筆力も理性的に戻った。と思ったが、今、この文章を読み直したら言葉の重複などがある。ネットストーカーに対する警告を書いたエントリーを先頭にピン止めしていたのだが1日で止めた。あまりにネットストーカーが幼稚で、恐れるのが馬鹿らしくなったからだ。

 Twitterのフォローリクエストが来て、また本名フルネームで登録しているから見張っているぞアピールだと思ったのだが、フォローリストを見て笑った。アプリ「ぷらいべったー」の公式アカウントをフォローしていて、どうも私がぷらいべったーを使って一部の人に公開しているコンテンツが、それにより見られると思ったらしい。さすがYahoo!知恵袋YouTubeの違法ダウンロード方法を訊いてしまう情報リテラシーの持ち主だ。

 あいかわらず私を襲ったYahoo!知恵袋で粘着しているらしく、過去の回答を見ると、まだ嫌がらせを書いていているようで非表示になっている。Twitterでもアカウントを凍結されては作り直してを数回。私のヲチサイト(アピールでURLを送ってくる)を見ても、読書好きだそうで文学作品について書いているのだが、小学生でも考えない幼稚なことを文学論といっている。私以外にも粘着しては抗議を食らっている様子。

 考えてみれば私に粘着していたときに書いていたことも幼稚な文章だった。内容だけでなく言葉も稚拙で、その幼稚な文章を私の言葉だとして顔写真(著作権保護を掛けてあるのだがキャプチャーしてまで掲載)・本名・住所入りでアップし、それが、当時の私の精神状態が悪かったことから、文章を読む人と私という2つの側面で説得力を持ってしまった。

 第1の側面の、読み手が文章を受け取るときのこと。当時の私は心臓が針の筵の上で転がされているような精神状態で、実際に心疾患として救急搬送された。そのような現実がありながらも、主治医は、それをゴロゴロしたいための言い訳だと言って憚らない。私は藁にも縋る思いでYahoo!知恵袋で相談した。毎日、戦場にいるような心理状態で冷静に物事を述べられず、そのような状態で書いた文章は幼稚に見え、それが、ネットストーカーが私が書いたと嘘を付いた幼稚な文章が私のものだとすることに信憑性を持たせたのだろう。

 第2の側面の、冷静でない私が文章を受け取るときのこと。昨日ピン止めしたエントリーで書いたが、Yahoo!知恵袋で、ここには功名心で回答に答える人がいるから2ちゃんねるで訊いた方がいいといわれたのだけど、ネットストーカーは、まさにそんな奴だった。そいつは自慢なのか堂々と自分の顔写真・本名・住所を掲載し(そのデータを持って相談機関に行ったら、相談者が、そいつの顔写真を見てキモッ! と言っていた)そんなバカが自分のサイトに誘導する文章を、私は真に受けてしまった。

 私が冷静なときに書いた文章は、大人の文章とはいかないまでも、そこまで幼稚な文章ではない。そのようなことを冷静に受け取れないような精神状態だったのだ。かつてリアリティーとアクチュアリティーについてエッセーを書いて出版された私とは思えない。そういうときの自分に、ひと言、落ち着けと言ってってやりたい。

 このように頭で考えればおかしいことをするのはガキだと思う。頭で考えずに平気で差別的発言をするのも決まってガキだ。私は冷静に考えてから行動したいと思う。冷静に考えると以上のようなことになりガキにはなりたくないので、今日をもってネットストーカーを相手にするのは止めにする。

 

 最後のオマケとして、ネットストーカー60歳が作っているヲチサイトから私のことを書いている部分をアップする。これは、その精神状態が悪いときに私がYahoo!知恵袋で相談した内容だが、自分に都合がいい私を幼稚に見せるところだけ抜き出している。フォーマットも整っていないそれを「反応を分かりやすくするための編集」だと思うのは、やはりガキである。Yahoo!の知的財産を無断で自分のBlogに載せてしまう情報リテラシー、そのときから粘着している証の2014年という日付、場外乱闘というタイトル、配色やフォント(PC版画面を見てね)も含めて味わってやってほしい。

 

非難を浴びてビビッて削除したようなので魚拓。

web.archive.org

 

 

後日追記。

 またネットストーカーよりイチャモンが送られてきた。こうやって冒頭に攻撃相手の顔写真をアップするのがネットストーカーの手法。他の被害者にも同様なことをして同様な抗議を受けて削除を繰り返す。

web.archive.org

 

 私に兄弟はいないし両親とは30年近く離れて暮らしているのに、私は資産家の息子で40歳を過ぎて母親と姉・妹に甘やかされているという嘘を真実として書く。

 知らない人は事実だと書かれれば本気にする。しかも、前述の個人情報に加え、他人がふざけて書いた私本名のWikipediaの項目(削除済み)なども書いているので実生活に被害が出ている。

 上に掲載したBlogエントリーでも「三田文学とは慶應義塾大学の文学部の人たちによって発行されている文芸誌です。」と知ったかぶりして嘘の定義。また、誰でも投稿可能と誰でも掲載可能の違いも判らないようだ。ノーベル賞だって誰でも受賞可能だ。

 また、自分で私を資産家の息子に仕立て上げておいて、上のBlogエントリーでは「本当に教養がある金持ちは、決してこのような下品な言葉使いはしないものです。」と矛盾したことを書いている。

 どうも自己矛盾にも気付かず事実を曲げている自覚もなく小学生並みの善悪の判断も付かないようで、自分の独自ドメインのサイトでは他者のロゴを自分のロゴとして使用している。

 そのサイトも著作権侵害で削除された模様。削除されたサイトの魚拓とWHOIS情報の一部。(H.O.W. のロゴが見て取れる)

archive.md

Domain Name: makotok48.com
Registrant Name: MAKOTO KURATA
Registrant Organization: MAKOTO KURATA
Registrant Street1: 894-2,nogawa,miyamaeku
Registrant Street2:
Registrant City: Kawasaki-shi
Registrant State/Province: Kanagawa
Registrant Postal Code: 216-0001
Registrant Country: JP
Registrant Phone: +81.07055715794
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax:
Registrant Fax Ext:
Registrant Email: makotok48@yahoo.co.jp
Registry Admin ID:

 

 ベテランカウンセラーのはずが精神病全否定。治療しない医者を支持し、治療した医者はヤブ医者扱い。治療を求めるのは「他罰的」な行為だそうだ。(この言葉もYahoo!知恵袋で相談したときに他の回答者が使った言葉を一つ覚えで使っている。)

 精神病を自分で治したと自慢しているが、精神の不調で身体に不調を来すということが判らないくらいだから、どうせ小学生程度の悩みが解決しただけだろう。

相続は一段落。

 今日は相続の件で税理士さんと対話するために港区生活・就労支援センターへ。書類はあらかじめPDFで貰ってチェック済みなので捺印のみ。提出書類の厚さがコンサイス辞典くらいあったので驚いた。私は事務職だったのに事務処理能力がないので拒絶反応を起こしそうになった。

 税理士さんは、そのまま松戸国税局へ。電子申請はできないそうだ。前にも書いたが、意外と仕業(しぎょう)の人は大変だ。私の前の仕事(貿易実務)は専門職といっても書類に税関や商工会議所に登録した印鑑とサインさえ使えばいいので(通関業を除く)申請代行業者というのが、かなり幅を利かせている。

 相続税はゼロ。だったら最初から放っておけばよい気もするが、減免申請をして初めてゼロになるという。父の生前にも、節税とまではいかなくても制度の利用ができたようだ。しかも、相続の手続きに飛び回っていたら、税金が掛からないことなど想像でないだろう遺産3億円(この金額以上が「富裕層」となるそう)という人があたり前にいて驚いた。そういう人には専門家というのは重宝するだろう。

 さて、その、税理士と橋渡しをしてくれた港区生活・就労支援センターだが、この福祉の手厚さは港区ならではだな~ と思ったら「生活困窮者自立支援制度」という国の制度の利用だそうだ。しかし、生活(経済)の相談に行ったのに、初めに相続の問題から解決をと言われ、そこまでしてくれるのかと驚いた。

www.mhlw.go.jp

 

 しかし、ちょっと前に変な物議を醸した港区子ども家庭総合支援センターにしても、そういう設備を作ってしまうのは、さすが港区という気がする。東京は保健所も市区町村が運営するのだが、保健所が区役所の一環となって、課がひとつ、丸々入っている。他方、地方では、区市町村が作る余裕がなく港区生活・就労支援センターのような事業は社協がしているそうだ。

www.shakyo.or.jp

 

(このページを見ると「この制度では、対象となる本人の自己選択、自己決定を基本にしつつ、必要な支援を受けながら、経済的自立だけではないその人なりの自立をめざします。自己肯定感や自尊感情を失っていることも多く、その尊厳の確保も重要になります。」とあり、そうか、単なる経済的支援ではないのねと判った次第。)

 私の実家がある松戸市というとマツモトキヨシの「すぐやる課」が有名だが、実家での手続きのために松戸市役所に行くと、組織の作り方が、まだまだ縦割りである。的確な例を思い出せないのだが、固定資産税の証明書を取りに行ったら納税に来ている人が別の部署を案内されていた(しかも松戸市役所は本館と別館・新館に議会も別になっている、近所の支所にに行くので本庁は初めて行った)。

 港区では支所を総合支所という名前にして、原則、そこで受けた業務は、そこで処理して還元する。ある程度の決裁もできる。前の港区生活・就労支援センターと社協の話でいえば、センターと社協さえ同じ建物の同じフロアに配してシームレスに業務を行っている(港区生活・就労支援センター内に職安の出張所もある)。国の組織でも民間の組織でも、同じ事業をするのであれば協業といった感じ。協業というのは受け入れるだけでなく委任することもあり、かなり合理的な印象を受ける。

f:id:urigayatsu:20190708163138j:plain

 

 なんか、港区と松戸市の組織の違いという話になってしまったが、港区生活・就労支援センターの仲介で税理士に入ってもらい、とりあえず相続税の申告は済み、のんびりと不動産の相続登記をしようかなと思っている。これは期限がないし、自宅を購入したときに登記は自分でしたので(法務局・登記所は親切に教えてくれる)なんとかなるだろう。

 贅沢をしようと思いガストに入った。贅沢をしようと思ってもファミレスしか思いつかないのが貧しい私らしいが、このエントリーに書いたように、ちょっとした晴れの日はファミレスという感覚が抜けない。しかし、こんなランチで1,000円以上するし、冷房は効いていないし。自分の感覚が変なのかと思ったがコップが汗をかいている。

f:id:urigayatsu:20190708163130j:plain

 

 相続の手続きが終わったら、ご褒美にカメラレンズを買おうと思っていたのだが、先日の心理的ショックが後を引いていて、そんな気分ではない。買うのを止めるか、不動産登記が終わってからにするか。最後に、買う予定のレンズをご紹介して終わりにする。

苦しんでいる人は偉い? (裏よりマージ)

 今日は苦しみから逃れるために酒を飲みたくて仕方がなく、仕方がなくヒルナミンを服む。これを服むと恐怖に襲われて、つい先ほどまで布団に横になって目を閉じてガタガタと震えていた。しかし理由や頻度に限らず酒を飲めばアル中って、どうなんだろう。

 恐怖といえば、これもネットストーカーは私が我が侭で大袈裟に言っているというストーリーを作って面白おかしく書き立てているが、私は前任の主治医のとき、心臓が針の筵の上で転がされているような痛みで寝ることさえできなった。半年で総白髪になった。

 それを当時の主治医はゴロゴロしたいための言い訳と言い切った。ほとんどが私の言い訳、あるいは嘘とされた。そして「苦しんでいる人の方がゴロゴロしている人より偉いということはありません」と言われ、偉いとか偉くないとか、何の話だろうと疑問だった。

 そして、単純に私がゴロゴロしている人より偉いということはないという意味かと思った。しかし、私の言っていることを虚言と取っているのなら、本当はゴロゴロしているのに偉く見せるために苦しんでいる演技をしていると思ったのだろうか。

現実が抱えきれないとき。

告知

 裏を更新します。サイト移転も考えておりますので、お知りになりたい方はTwitter・LINE公式アカウント・Eメールなどで。

 それに伴い以前のエントリーを整理していますが、はてなブックマークでコメントいただいた方、当方、返信の仕方も判らず見落としていました。感謝とお詫びを。(あなたも東京の景色がお好きなんですね、あなたも土岐麻子さんがお好きなんですね… リアルタイムでお返事できなくて申し訳ありません。)

 

本文

 1人で酒を飲むときは、いつもそうなのだが、夜、身体が火照りバケツで水を浴びせられたような汗をかき眠れない。しかし、身体が動いてシャワーを浴びられるようになるのは午前3時ごろ。昨日もそうだった。

 しかし、今日になると、それだけ辛い思いをしても酒が飲みたいと思う。苦しくて現実に対処できない。主治医に言っても、理由は何であれ酒を飲んだらアル中と言われる。そんな頻度で飲んでいないと言っても、ヘロインを月に1度やる人も中毒でしょうと言われるが、私はヘロインをやったことがないので判らない。

 前回、酒を飲んだとき、お世話になっている前任の保健師さんは「まどろっこしくてやっていられない気持ち」という表現を使ったが、今回は、まどろっこしいどころではないし、やっていられないというより積極的に現実逃避をしたくなった。こういうときに、どう対処すればいいのか知りたい。

ほぼライブ - 七夕・梅雨の東京タワー

f:id:urigayatsu:20190707191731j:plain

 東京タワーのダイヤモンドヴェールは本格的オーバーホールのため休止中。なので、このコーナーもお休みをいただいていましたが、七夕だし、梅雨というのも季節っぽくていいかなぁと。楽しみにご覧いただいていた方がいることも知り、久々の復活です。花水由宇さん(id:jizi9) ご覧になっていますか~。

 

 

撮影データ
日時:2019年7月7日・19時10分
ボディ:PENTAX K-3
レンズ:smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR の135mm端
絞り:f5.6 (解放)
SS:1/125s
感度:ISO 4000 (Auto)

ついに嘔吐までした。 (裏よりマージ)

 身体症状が止まらなくて酒を呷った。表に書くと、私に病識がないから主治医の言うことが判らないのです! などとネットストーカーに書かれるので、こちらに。ショックの原因は主治医に否定されたと思っているのかもしれない。表で書いたが私は他人に嫌われるのを異様なまでに怖れる。

 この前、書いたように、私が主治医を頼っているのは、主治医に阿って(おもねって)いる部分が大きい。阿る努力しているのに、それすら否定されたと思うだろう。今日、起きるなり吐いた。何も食べていないので胃液を吐いた。もうボロボロだ。

 ちなみに今までに起こった他の現象を書いてみると、私は精神バランスを崩すと異様に臭い体臭がするのだが、布団が臭く小便の中にいるようだ。胃液の嘔吐に加えて下痢。食べ物が喉を通らない。そんなところだ。

 

P.S. Facebookでシェアいただいたようで、シャアされた投稿が見えないのだけど、表もネットストーカー以外は真面目なところで引用されているので(5ちゃんねるに貼られたときは恐々としたのだが、精神科入院に関する真面目なスレだった)そうだと期待しています。Twitterでフォロイー(私にフォローされている人)限定で新しいペンネームを告知しています。表を撤退したときは、それを使うので、知りたい方はフォローをお願いします。

ボディーブローのように。

※裏を更新します。お知りになりたい方はTwitter・LINE公式アカウント・Eメールなどで。酒を呷っています。

 

 私はボディーブローを食らったことはないし、そもそも人間同士が殴り合いをするスポーツに嫌悪感さえ覚えるのだが、ショックが後から来た。今朝は、どうしても起きられず、吐き気がしてトイレに駆け込んだ。何も食べていないから胃液しか吐かなかったけど。吐くほどではないと思ったのだが吐いた。

 昨日は朝から何も手につかなかったけれど、書いたようにAmazon Primeの無料体験があるので夜になって映画を観ることができた。朝から途切れ途切れ観ているのでトータルでのストーリーは判らないが、松岡美憂主演の「勝手にふるえてろ」を観た。ただ松岡美憂さんの演技だけが光っていた。

 

P.S. 瓜ヶ谷文彦のFacebookページへのアクセスが平素の5倍くらいある(7月9日追記・ネットストーカー1人で稼いでました笑)。また、裏はFacebookからのアクセスが多いので、Facebookでシェアした人がいるようだ。このBlogはネットストーカーを除いて真面目な読者に支えられ、幸せなことだと思う。