身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

万年筆を買った。

f:id:urigayatsu:20170926131632j:plain

 

 パーカーの万年筆を買った。7・8年前から使っていたものを書き潰してしまったのだが、ペン先の交換には1万円かかる。

 そんなときにネットを見ていたら、同じモデルが型落ちということで5,000円で売っていた。最後の1本だからとのこと。

 在庫がある店もあるが定価売り。経済が厳しいのだけど買いました。そうしたら入学・入社祝い用のペンシースが余っているというので付けてくれた。

 赤なんて普段は貰わないのだけど、そのために持っているのとダブらなかった。自分用の万年筆も、これが付く時期に買っていたな…。

 

 ちなみに、私が使っている万年筆と、名入れが綺麗なオススメ店舗は、こちら。安いでしょ。(まったく違う2店舗があったのだけど1軒は10日前に閉店とのこと。)
 私くらい頻繁に使う人は1ランク上のプリミエを勧められるんですが、この商品ができたときの村上春樹さんのCMが忘れられない(苦笑)。

 

 

 すぐに欲しいという方はAmazonで。どこで買うにしても「正規輸入品」であることを確認すること(並行輸入品は近所の販売店で保証が受けられない)。