身の上話

身の上に起こった、嘘のような本当の話。タイトルは佐藤正午作品から。

酒に強い人が飲みすぎると、どうなるか。

 毎日、このBlogは午後9時を締め切りに書いている。一昨日は原稿が早く上がったので飲んだ。缶ビール(500ml)10缶ほど。

 私は、酒を飲むと、だいたい睡眠が中断する。午前1時か2時に目が覚めて、そのままシャワーを浴びる。これが気持ちいい。

 3日前の記事にあるように、その時点で断酒するつもりだった。ただ、酒を飲む〆としては、気持ちよく終わりたかった。

 

circumstances.hatenablog.com

 

 なので、その翌日、一昨日、飲んだ。気持ちよく酔った。しかし、深夜に目が覚めなかったどころか、午前9時くらいまで寝ていた。

 起きて、実家の父に電話。母が入院しているというので、父が独りで火事ができているか心配だったのだ。

  

circumstances.hatenablog.com

 

  上の記事にも書いたが、うちの家族は他人のことをよく捉えられられない。この記事にも少し書いた(このことは「病気」カテゴリーで詳しく別に書く)。

  この記事にあるように、深夜、帰宅すると「新入社員に遅くまで仕事をさせる会社があるわけがない、夜遊びをしている。」と言われる。

 しかし、他の「~のわけがない」を考えてみると、新入社員に夜遊びする金やタクシーで帰る金があるわけがないのだ。そういうオプションが目に入らない。

 昨日、父に電話をしたら、そういう不毛な話をした。また缶ビール(500ml)10缶。酔うことは酔うのだけど、慣れがあるのかベロンベロンにはならない。

 アルコール依存症の人が、アルコールの摂取量が、だんだん多くなるというのは頷ける話だ。それだけ飲んでもSNSでは他人と普通に話をしている。

 しかし、今朝、起きたら、午前9時まで寝ていただけでは済まなかった。内臓に負担が掛かっている感じが、ありあり。

 無理して起きても、また寝てしまうという…。しかし、やらなければいけないことがあるので起きる。それで、もう、ダルいのを騙し騙し。

 かくして、そんなことをしているうちに午後9時になった。まともなエントリーは最初の2・3日だけで申し訳ないのだが、今日は、これで勘弁してほしい。

 

 今日は鞭打って忙しく過ごした。明日はきっと、大丈夫。